ドナルド・トランプの名言|行動の時が来た

このエントリーをはてなブックマークに追加

空虚な議論の時代は終わった。終わったのだ。行動の時が来た。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今回の映画『ゲゲゲの女房』でも何度もつまづきました。鈴木卓爾監督は、本当に納得がいくまでやらせてくれる人で。2000回ぐらいNGを出したような印象。実際の回数はもっと少ないと思いますが、それくらい、とことんやりきりました。

人は「いま」が一番大切です。加えて「したいこと、好きなこと」を尋ねるのも、話を盛り上げるのに効果的です。誰でも自分が関心のあること、好きなことについては楽しく話すことができます。

出世したいと思っているなら、40歳までに部長になるというように具体的な目標へと落とし込み、それを実現するために必要な行動を計画してみることです。計画を頭の中で思い描くだけではなく、書き出すことでいままで目をそむけていた現実的な課題を否が応でも意識するようになります。

主人の所へ御出仕申し上げるときは無論のことだが、その他の場合、あるいは少々の用事があって今日は出仕せず宿所にいるのだがと思っても、とにかく髪を早く結わなくてはならぬ。ふしだらな格好をして人の面前へ出ることは、不作法で嗜みのない態度といわなくてはならない。もしもそのように、わが身に油断がちであるならば、使用している召使いまでがすぐにそれを見習って、他家の人たちが訪問してきた場合など、一家中でうろたえ騒いで、非常に見苦しいものである。

仕事に枠を決めないで「自分が美しいと思うもの」を追いかけるほうが、いい結果につながる。

相手の立場に立ってモノを考えれば、人間は他者のためにどんなことでもできるのです。

考えなくてもいい。とにかく現地に行って、触れて、感じてくれたらわかるし、変わる。アタマより感じて動き出している状態になる。

2005年ごろになるとマツダがどう輝くかを考えるようになった。マツダは年間1000万台売れる企業にはなれないし、なるつもりもない。それでも存在感を持つには、技術と顧客満足度を追求するしかない。

企業にとって価値のある人とは、付加価値のある特殊なスキルの持ち主。難しく考えてはいけません。世の中の8判以上のビジネスマンが必ず持っているスキル対人関係力を磨けばいい。人とまったく接しない仕事はありえないのですから、対人関係に長けている人は、どこに行っても力を発揮できる。

昔はこんなことなかった、最近こんな人が増えてきたという現象の背後には、必ず大きな潮流の変化、価値観の変化が潜んでいるのです。それを見抜くことによって、マーケティングの仮説やアイデアが生まれてくる。大切なのはそういう目で常に人間を観察し続けることです。

ページの先頭へ