本田宗一郎の名言|我々の相手は1億の日本人ではなく、世界30億の人間

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々の相手は1億の日本人ではなく、世界30億の人間。世界で売れる車なら、必ず日本でも売れるはずだ。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会話の主人公は、自分ではなく相手。相手がいい気分になるための褒めどころを探りましょう。

企業の栄枯隆替は運を別にして、中心人物次第だが、企業の命取りは中心人物の良心の麻痺症が病根だ。

目標に向かって毎日諦めずに努力し続けられる最大のポイントは、「自分がコントロールできること」と「コントロールできないこと」を分けるということにあります。そしてコントロールできないことではなく、コントロールできることに目を向けることが必要です。

IT化が進んでも、「もてなし」に価値はある。

企業の永続的発展を見据えるとき、事業の規模、中身だけではなく、組織もそれに見合ったものでなければいけない。

ちょっとした問題に突き当たると「辛い」と言って逃げ出す根性なしがいるよね。でも、テレビのADだったころの僕は、「どうせ負け犬なんだったら苦痛を感じないほどバカな人間になってしまえばいいんだ。ヘラヘラ笑ってバカを演じていれば、そのうち『アイツはスゴイ』なんて言ってくれる人が現れるよ」という言葉を毎日のように自分で自分に言い聞かせていたんだ。

もうすべてやり尽くした、ベストを尽くしたとはゆめゆめ思ってはいけない。そんな考えは、安易にあなたの可能性を損なうだけだ。

ページの先頭へ