土光敏夫の名言|何事も今日という一日に全力を傾けることだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日に新たに、日々に新たなり。何事も今日という一日に全力を傾けることだ。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

うつ病について、「心の弱い人がなるもの」と思っている人も少なくないでしょう。しかし、それは誤解です。これまでの研究によって、うつ病は心のバランスを整える神経伝達物質であるセロトニンの不足など、脳の環境が変わることで発症する病気であることが明らかになっています。ですから、心の強い弱いに関係なく、風邪を引くのと同様に、いつ、誰がなってもおかしくはないのです。

「自分は他の人と比べて何が違うか、どこが優れているか」を認識し、それを徹底的に伸ばす努力をするしかない。そう「人と違うことをやれ!」である。

表彰制度と、賞与や昇給・昇進・人事考課などは切り離して考えていただきたい。むしろ、そうした人事労務面とは別の次元で、「会社は一人ひとりの従業員のことをこれだけ考えているんだ」という経営者の思いが伝わる表彰であることが望ましい。それが会社への忠誠心が強くなることにもつながるのである。

社員にはよく「バランスを大事にし安にしよう」と話しています。目の前の仕事も大事だけど、趣味や文化、育った風土なども大切にして欲しいのです。

日本もこれから労働の流動化が進み、世界基準での普通の社会になりつつあります。普通の社会では専門分野があった方がはるかに転職しやすい。

プロデューサー時代、あえて「やめる」ことの重要さも学びました。テレビでできることは有限で、何かをやめなければ、新たな企画は打ち出せない。

階層が多い企業に未来はない。有能な社員が無力化してしまう。

ページの先頭へ