盛田昭夫の名言|世界のお客様が、ソニー製品を買って良かったと思ってくださることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界のお客様が、ソニー製品を買って良かったと思ってくださることが大事。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

付加価値のある旅行商品は、価格以上の満足を与えられるかにかかっている。「この内容で、この価格」と納得していただけるか。担当者が、常に顧客の目線で企画していく必要がある。

会社というのはB/S(貸借対照表)よりもP/L(損益計算書)をどうやってあげるかが大事。BSを優先するとなると、新規事業は創造しにくくなる。

僕は「愚痴を言うな、その場で堂々と話せ」という父の教えに納得し、大学の世界へ入ってからも、異論を述べるときは「先手、先手」でやることにした。だから「生意気な奴だ」と相手を怒らせることもあったが、そのうちに「生意気だが面白い」という評価を得て、次々と学内外の新しいプロジェクトに携わることができた。いまでも就職を控えた学生には必ず、「入社したら、最初から『変わった奴』と思われたほうがいい」とアドバイスをしている。

逃げずに失敗を振り返ったことは、その後の自分にとって大きかったと思います。

ストレスとは、実際のところ、自分の中で勝手に作り出している「妄想」にすぎない。

昔の日本に「頭(かしら)まわらんだら尾もまわらん」という言葉がある。だから100人の人を緊張させて、大いに成果をあげようと思えば、自分の活動をはたの人が見て「気の毒な」というようにならんといかんでしょうな。うちの社長はもう一所懸命にやっている、「もう気の毒や」という感じが社員のあいだに起これば、全部が一致団結して働くでしょう。けど、そうでないかぎりは、あなたの活動の程度にみな働くでしょう。

日本が真にイノベーティブな社会を目指すのであれば、人材の多様性を進め、異質なモノを許容する社会を作ることが必要です。これは、移民を入れろという単純な話をしているのではありません。海外で幼少期を過ごしたり、大学で留学したり、異質な文化に触れた人が増えるだけでも変わります。日本が米国に劣るとは考えていませんが、起業家という目線で見ると、留学や移住などで世界中から人材が集まる米国の方がイノベーションに向いています。

ページの先頭へ