糸井重里の名言|シンボルマークをつくる効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

シンボルマークをつくれば、何よりも当事者がうれしいし、参加者にも伝わりやすい。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

それぞれが自分の仕事に。プライドを持ってやっていかないと。「儲けたらええ」という考えだけでは、やっぱりあかんでしょ。

常にお客様から相談を持ちかけられるような強固な信頼関係を構築するとともに、サービスの内容を進化させ続けていくことが重要です。

とにかく描くんですよ。描きまくって、描きまくって、違う違うって思いながら、いつも描いている感じですね。でもね、模索していた方が、突然何か降りてきたりするんですよ。意外なところに、何かが出てきたりするので、そういうときにポーンと飛躍できるときが、ふっとあるんで。

何であっても相手の話題に興味を持ち、素直に感心することが大切です。仕事に関係ない話であっても、無駄などと思ってはいけません。そもそも、何が無駄で何が無駄じゃないかなんて、あとになってみなければわからないのです。

私は企業が国の富を生み出し、社会をより良くする存在だと信じています。

私は若いころ、いずれは代官山に住みたいと思い、妻と良く散歩に出かけていました。しかも、実際にそこで暮らしているかのようにスーパーで買い物をするようにしていました。のちに代官山に家を買ったのですが、なりたいイメージがリアルであればあるほど、手が届かないと思っていたものを手に入れるための方法論も具体化します。

時短制度が使えても、周囲の人が残業していたら、早く帰る女性は申し訳ない気持ちになる。それが積もり積もれば、「私がいるとみんなに迷惑をかけるから、辞めるべきなのだろうか」と考えます。まずやるべきことは、業務を効率化して、残業が前提となっている職場を変えること、誰もが定時で帰ることが当たり前になるような職場を作ることです。

「二・六・二」という法則があります。人間の集団の2割は優秀、6割が普通、2割はぱっとしないというものです。やる気がある2割には、どんどん仕事を与えればいい。そうしたら6割も「置いていかれる」と歩き出す。残る2割も不安になって動き出す。

株主利益ばかり追求すると将来の備えやリニアへの投資はできません。我々は日本の鉄道の成り立ちを十分理解してから株を持っていただきたい。株主としては、目先の株主を大切にしろという気持ちになるかもしれません。ただ未来に投資していないと、いざという時にはもう手の打ちようがなくなってしまうんです。

自社のプロダクトについては、いつも「これはまったく新しいコンセプトです」と紹介します。そう紹介できるものしかつくっていないという自信もあります。新しいコンセプトの商品にはライバルがいないから、他社の話をする必要もないのです。

ページの先頭へ