枡野俊明の名言|実践は格好の練習の場

実践は格好の練習の場。時には、苦手なものに正面から立ち向かう勇気も必要。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

幹事さんの悩みのひとつにお店選びがありますね。良いお店を見つけるコツは下見をすること。下見でとくにチェックすべきなのは、店舗の入口とトイレが清潔かどうかです。入口はお店の顔、そしてトイレは忙しいときには手を抜きがちな場所。この2カ所が清潔なお店ならまず合格。さらに入った瞬間に「いらっしゃいませ」と挨拶があるかどうか。入口に目配りができているということは、お客様にも目配りができている証拠。気持ちのよい接客をしてもらえる確率が高まります。

篠原あかねの名言|幹事を任されたときに良いお店を見つけるコツ


足元で売れている本は宣伝の効果であり、単なるブームです。一方、市場の洗礼を受けて残ってきた古典は、無条件に素晴らしい。ビジネス書を10冊読むより、古典を1冊読む方がはるかに得るものが大きい。優れた本というものは、そう滅多に世に出るものではありません。

出口治明の名言|ビジネス書を10冊読むより、古典を1冊読むほうが遥かに得るものが大きい


成長のためには考え続けることが大事で、必死に考えてもがくスランプの時期は絶対に必要です。僕もプロ8戦目で判定勝ちに終わったあたりから、成長が止まった気がしました。フォームを見直し、下がってきたガードを上げようと意識しましたが、しっくりこない。そこで視点を変えて間接的な部分に着目し、体全体のバランスを見直して、いつも踏ん張ろうと意識していた右脚の力を抜いたんです。すると右膝が上がりバランスが良くなって、ガードも自然に上がった。「右脚を踏ん張らなければ」という意識が強すぎて全体のバランスが崩れていたことに気づいたおかげで、スランプを脱出できました。問題そのものではなく、間接的な部分に焦点を当てることで解決することも学びました。あのスランプがなかったら今も悩んでいたかもしれません。

村田諒太の名言|成長のためには必死に考えてもがくスランプの時期は絶対に必要


自分はサラリーマンには向かない。アメリカに行ってビジネスの勉強をしてから起業しようと思っていました。

里見治の名言|自分のタイプを分析し進路を決める


IPOは株主のためにやらないといけないと思っているんですが、2回目の起業ですから、IPOで一獲千金というのはもうないし、自分の株のシェアも気にしていません。それよりも、投資家を育てたい。日本人で株をやっている人は全体の8%といわれていますが、残り92%の投資家を育てたい。

林和人の名言|日本人で株をやっている人は全体の8%といわれていますが、残り92%の投資家を育てたい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ