枡野俊明の名言|実践は格好の練習の場

このエントリーをはてなブックマークに追加

実践は格好の練習の場。時には、苦手なものに正面から立ち向かう勇気も必要。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんな文章にも誤字脱字は「必ずある」と思って、確認を怠らないことも大切。油断せず、ミスがある前提で必ず読み返そう。

僕は「今を生きる」という言葉が好きなんですが、目の前にある「やらなくちゃいけないこと」「やるべきこと」をやることが重要だと。明日やるというよりも、今やれる、なら、今やろうって。

当たり前のことですが、人生で失敗しないことなどあり得ません。40歳を過ぎていろいろなことがわかってくると、むしろ時には負けたり、引き分けたりすることが人生なのだと気づきました。

他のことに人生の時間を使いたい、使うべきだと思っているから、目の前の仕事の時間を短縮したいと思っているはずです。ということは、目の前の仕事よりも、本当は優先順位が高い仕事がある、ということですよね。まずは、人生における物事の優先順位をはっきりとさせるべきです。

清掃活動や学童保育は収益を生みませんが、新たな人々と出会うことで、信頼というおカネでは買えないものが得られる。

知識だけでなく、アウディの世界観やクオリティーの高さをリアルに感じてもらうためにも、実車に接していただけるような努力と工夫を今後も積極的に行っていくつもりです。

初めての仕事ばかりでしたが、弱音を吐かず正面から向き合いました。「虚心坦懐(たんかい)に臨めば難題も恐るるに足らず」。長い海外暮らしでそんな心構えを身につけたからこそ、やり遂げられたと思っています。

ページの先頭へ