枡野俊明の名言|実践は格好の練習の場

実践は格好の練習の場。時には、苦手なものに正面から立ち向かう勇気も必要。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誰かが自分だけのために何かをしようとしてもなかなかうまくいかないけれど、ひとつの思いが台風の目のようになって、いろいろなものを巻き込みながら大きくなっていく。

お客様の方を向かなくてはいけません。童話の「ウサギとカメ」なら、我々はカメでいい。ゴールだけを目指して着実に進みます。

社内で企画の発表会をしています。毎週、制作・広告・管理セクション・マネージャーの4つのチームに分かれ、A4の紙1枚に自分の改善案を言き、発表するのです。1ヵ月に約400枚の改善・企画案が出ます。いい案には5万円の賞金が出ます。サイトの退会率を低くする手法なども出て効果を上げてくれました。

「何でもやりたい病」とは、様々なことを学び散らかして、何ひとつ身につかないという病です。最近は、「○○くらいできないと乗り遅れる」といった情報があちこちから入ってきますから、焦るのも無理はないですが、学習対象が絞られていないと、限られた時間を薄く分散してしまうことになります。だから何も身につかなくなってしまう。

目先の「小さな負け」に落胆せず、「最後に勝つ」ことを見据えていれば、感情は揺らがないもの。

仕事に関する技術を向上させるには、ともかく最低限、仕事の量をこなすことです。「仕事は量より質」と言う人もいますが、それは量をこなした人間のみが到達した領域にすぎません。

もう一度会いたい、と思う人との縁を活かすには、まず自分から何かを発信してみること。これこそがすべての始まりとなるのではないでしょうか。

直間比率(直接費、間接費の比率)9対1は経営論のどこにも書いてないから認められない、と言う経営評論家もいます。私が考えたんですから書いていなくて当然でしょう。うちは9対1を実現したからこそ、高い利益率を出せているんです。

自分の力で根を伸ばして、自分の力で水を吸って、自分のハッパで光合成をして、自分の力で害虫と戦う。そういう農作物の方が強いし、美味しい。野菜がそうであるならば、人間も同じではないかと。

問題が部門と部門の間に存在するため、誰もそれに真剣に向き合おうとしないのです。供給活動を市場動向に同期させるには、リアルタイムに出荷・在庫の動きをとらえ、生産計画に反映させることが必要です。欧米の先進企業ではいち早くロジスティクスに着目し、サプライチェーンの無駄を省いています。

ページの先頭へ