スティーブ・ジョブズの名言|重大な選択をする際に最も重要なツール

「自分はやがて死ぬのだ」と意識することは、私が人生で重大な選択をする際に手にしたツールの中で最も重要なものです。なぜなら、ほとんどのこと――外部からの期待、自分のプライド、屈辱や挫折への恐怖――こうしたことはすべて死に直面すれば消えてなくなり、本当に重要なことだけが残るからです。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

同じお金を使うなら得する方法を選ぶ、という考え方が大事なんです。お金を使うことを我慢するのでは、長続きしません。

和田由貴の名言|お金を使うことを我慢するのでは、長続きしない


人から指示されたり命令されたりしたことは気乗りしなくても、自ら決定したことは最後までやり遂げようとするものです。

大橋禅太郎の名言|人は自分で決めたことはやり遂げようとする


新規事業はもちろん重要ですが、成長に追われてあれもこれも手を出すことは気をつけておきたい。ブランドを上手く保たないと、既存の事業も含め崩壊してしまいますから。

森正文の名言|成長に追われないことが大切


MBAを取得した世界水準の社員に対し、自分がいかに井の中の蛙だったか痛感しました。そして、MBA取得に必須の英語力を磨くため、20代の頃は一分一秒を無駄にせず、難聴気味になるほどリスニング教材を聴き込みました。
【覚書き|エクソンモービルで働き始めた当時について語った言葉】

齋藤匡司の名言|世界水準の人たちの中で働くことの重要性


糾弾されるのは耳に心地いいものではない。どうしても耳に逆らうっていうことを聞くのは嫌なんですけど、そこで教訓を得るというか、外からの批判というのもちゃんと聞かなければいけない。その気持ちはずっと大事にしなければと思いますね。

佐藤義雄の名言|外からの批判というのもちゃんと聞かなければいけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ