スティーブ・ジョブズの名言|重大な選択をする際に最も重要なツール

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分はやがて死ぬのだ」と意識することは、私が人生で重大な選択をする際に手にしたツールの中で最も重要なものです。なぜなら、ほとんどのこと――外部からの期待、自分のプライド、屈辱や挫折への恐怖――こうしたことはすべて死に直面すれば消えてなくなり、本当に重要なことだけが残るからです。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もう10年以上にもなりますが、お付き合いのあるお客さんに、サマーカード(暑中見舞い)を送っています。普通のカードだと気に留めてもらえないことも多いので、部屋に飾ってもらえるようなユニークなタイプのカードを自分で選んでいます。お客さんの中には20年来のお付き合いになる方もいます。診療科も様々で数も膨大なので、長期にわたる関係を保つのはなかなか難しいものです。このサマーカードのおかげで、1~2年に1度しかお会いできないドクターにも、いつもつながっているかのような感じを持ってもらえます。

著者の体験や思想がどこにもない、借り物の言葉で書かれた本以外ならとにかく多読することをお勧めします。たとえば、誰か1人に忠告されただけでは動かないが、3人に同じことを言われれば自然に行動できる。そんなことがあると思うのですが、本も同じだと思います。たくさん読んではじめて共通点や相違点があることが理解できます。自分にとって本当の実のある知識になるのではないでしょうか。

頑張った自分を、自分で認める。他人は、なかなか認めてくれないものですから。

ハンバーガー屋が混雑したとき、店長がすべきオペレーションは決まっています。適材適所で人を配置することです。パテを焼くにせよ、ポテトを揚げるにせよ、得意な人にやらせれば、店としてのパフォーマンスが一気に上がります。たいへんなときほど特技をもつ人が重宝されるのは、他業種でも同じだと思います。

よりおいしいものをつくるセンスというのは、やはり日本人が一番だと思います。ですから、わたしは日本人がもっと外に出るべきだと思います。少子高齢化で日本はGDPが小さくなりますし、海外に出て和僑になって、インドネシアやタイに住み込むなどして、現地の料理をよりおいしくしたり、日本料理との融合を果たす役割をすべきだと思います。

株であれ何であれ、自分で判断して自分の責任において買うべきです。株は自己反省であり、日々、勉強だと思います。

いい職場には、お互いに刺激し合って高め合う一種の緊張感があります。お互いが信頼の上に成り立っているから、たとえ厳しいことを言い合っても、ギスギスしません。高いレベルで仕事をこなしているので、勝った負けたというレベルの低い話にはなりません。自分のポジショニングを上げるためのプレゼン術は、理想的な関係が実現するまでの過渡的な態度ととらえる必要があります。

ページの先頭へ