スティーブ・ジョブズの名言|重大な選択をする際に最も重要なツール

「自分はやがて死ぬのだ」と意識することは、私が人生で重大な選択をする際に手にしたツールの中で最も重要なものです。なぜなら、ほとんどのこと――外部からの期待、自分のプライド、屈辱や挫折への恐怖――こうしたことはすべて死に直面すれば消えてなくなり、本当に重要なことだけが残るからです。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は自己啓発やビジネスノウハウの本が大好きで、それこそ本屋が開けるくらい読んだのですが、それで確信したことがひとつだけあります。それは、絶対に成功するノウハウなんて存在しないということです。

コマツは長年の海外展開の経験から、ローカルの人をトップに据えて、日本人は補佐役に徹したほうがいいという結論に達しました。だから、中国だけではなく、いま世界の大きな拠点11カ所のうち、9カ所が現地人トップです。

言語は共感するためだけのものではなく、思考するための道具として使うものであるという認識がなければ、小説に対して需要は生まれないでしょう。もちろん、自分の感情を非常にチャーミングな文章で書くこと自体はいいわけです。しかし、それだけでは時代に迎合した言葉が、次から次へと登場しては霧散していくというサイクルに閉じてしまう。

足元では顧客の多様化を加速しています。EMS(電子機器の受託生産)は一部の大手メーカーに依存しがちで、1社の業績の変化に売上高が連動するリスクが高いことが課題でした。現在の実績を見ると、上位10社の顧客が売上高の46%を占めており、1社で10%を超える顧客はいません。スタートアップのような小さなビジネスを増やしていきたい。

人として間違った道はありますよね。王道、つまりまっすぐな道を歩く途中で、失敗したり迷ったりすることはありますが、軸がぶれるとダメですね。

限界ギリギリの練習を続けているときに、普段どんな食事をとっているかで差が出てくる。それはあると思います。

大きなプロジェクトを成功させるためには、「ひとりで一億円を稼ぐより、100人で100億円稼げる仕組み」をつくらなければなりません。その前提となるのが、プロジェクトメンバーの信頼関係です。ランチの習慣は、人との信頼を築き、「自分をプラットフォーム化する」ための方法なのです。

常に自分より上の存在に対して、何年後か見ていろ、絶対に自分が活躍してやるんだという気持ちは常に持っています。これまで「香川が一番やな」という立場が一度もなかったから、勘違いもしなかった。常に上には誰かがいたから刺激があって成長できた。

いまの若い人は言葉をやりとりするのが好きです。人前で話をするのは上手いし、討論を仕切ったりまとめたりすることも上手です。しかし、心を触れ合わせた話し合いをしようという意識が希薄なのが少し心配です。

主人(創業者・矢頭宣男)が突然亡くなったときのことを思い出すと、いまでも涙ぐんでしまいます。専務として、社長である主人の夢を一緒に追うのがそのころの私の夢でしたから、自分に社長が務まるなどとは考えてもいませんでした。そんな泣き虫社長を支えてくれたのが、社員と子供たちでした。

他人を使って自分を追い込むといいでしょう。たとえば取引先に電話をかけ、「期限は火曜とのことですが、月曜にはお届けできます」と、あえて早めの期限を宣言してみる。早い期限を設定することで「集中せざるを得ない」状況をつくり出せます。加えて、それを人と約束したことも、強い推進力になります。

人が成長すれば会社も同時に成長する。自分と会社の成長を実感し、喜びを感じてほしい。

目指すは多店舗化ではなく、スタッフも楽しいし、お客さんにも心から楽しんでいただける店。

ページの先頭へ