スティーブ・ジョブズの名言|苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう

私は断言できます。もし私がアップルをクビになっていなかったら、こうしたことは何一つ起こらなかっただろうと。それは苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう。
【覚え書き|アップルを離れた時期に行った技術開発がアップルを救ったことについて】

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

26歳で自衛隊を退官し、焼き肉チェーン最大手の「牛角」を運営していたレインズインターナショナルに入りました。そこで店長職などをしながら徹底的に外食業におけるサービスの在り方について学びました。ただ、お店をやるとなれはこれだけではなく、仕入れの仕組みについても知る必要があると考え、続いて市場でアルバイトなどをしました。そこで仲買がどうやって、どのくらいの利益を得ているのかなどについて一から学び、低価格で料理を提供するための土台を作りました。飲食店をやるにあたり、ここまでやる経営者はそうはいないのではないでしょうか。

冷酷なライバルが出現した時に乗り越えられるように考えられた事業計画をつくることが大切だ。

社外の活動などで一生懸命勉強することで、日本経済の仕組みや日本社会の意思決定システムが学べ、それは会社を動かすときに必要な枠組みづくりに役立つと思います。社業だけ見て周りが見えなければ間違いは起きる。社外の仕事にはそんな合理的な意味合いもあるのです。

うつ病を発症しやすいような真面目な人には「○○をしなければならない」という考え方をする人が多く見受けられますが、医師や上司に勧められた方法が、必ずしもあなたに適した気分転換法であるとはかぎりません。自分が、今、「楽しい」「充実している」と感じられているかが一番のポイントです。仕事を忘れられる瞬間があれば、それが一番のリラックス法です。

激しい業界の中で、ブランドイメージづくりは並大抵のことではできない。あらゆる機会に、できる限り努力を続けて、顧客の中に、多くの消費者の中に、ソニーファンづくりを努めてきた。広告の面でも、パブリシティ(広報)にも、またさまざまな企画の中にも、ソニーの歩みの中に貫いてきたスペシャリティ(専門性、特殊性)を活かすことに努めた。「専門メーカーとしてのソニー」「世界で最初の製品を作るソニー」「技術のソニー」。かくて、全世界にわたって、ソニー製品はハイクオリティ、ハイプライスの一流品であるというイメージの上に立つことができた。

英語は、何歳になっても身につけることができます。経験と知識が豊富な人の方が、英語を理解する力は高い。語学の習得は若いほどいいわけではないことも、覚えておいてください。

病魔と狂気と死とが、私のゆりかごを見守っていた黒い天使。

偉大な指導者は、必ずしも善良な人ではない。

理論上、通貨は中央銀行と国、株券は企業という発行者の思惑でいくらでも増やすことができます。お金持ちは、心のどこかで「こうした人工的な価値は、ある日突然、暴落する可能性がある」と考えます。だからこそ、埋蔵量、発掘量が限られている金、プラチナ、やすやすと増やすことのできない立地の良い土地、発行数の決まっている記念の金貨、現存数の少ないクラシックカーなどを重視するのです。

自分の考えや思いを素直に表すとき注意したいのは、相手の立場を考えるということです。自分の意見を主張するときも、「私が、私が」と叫ぶのではなく、相手の立場や周囲の空気を読みながら発言する。有能な人は、これができているのです。

いま、自分の子供を見ていても、勢いよく走って「なぜそんなところに」という場所に頭をぶつけたりすることがあります。これは、心が発達の途中で、自分が思い描いている世界と、現実の世界のギャップが大きいからではないかと。つまり、自分の行動をコントロールし、世界と折り合いをつけることが、心の発達と考えています。

社会人としての基本や土台があるからこそ、自分の軸をしっかり持つことができるのだと思います。

ビジネスは自分の考えを思いつくままに口から垂れ流す場ではない。自分がどれほど面白い人間だと思っていようと、である。何をするにせよ、短く、早く、単刀直入を心がけよう。そのほうが礼儀にもかなう。

ページの先頭へ