スティーブ・ジョブズの名言|苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は断言できます。もし私がアップルをクビになっていなかったら、こうしたことは何一つ起こらなかっただろうと。それは苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう。
【覚え書き|アップルを離れた時期に行った技術開発がアップルを救ったことについて】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

同じ業務内容でも仕事の進め方一つ違うだけで、結果にも大きな違いが生まれます。

仕事のやりがいは、貢献か成長かのどちらかを実感することです。前者は、会社の同僚や顧客の役に立っているという実感。後者は、昨年より今年の自分のほうが成長しているという実感です。このいずれかの実感があれば、仕事のモチベーションが維持できるでしょう。どちらもない職場なら、転職を考えましょう。

けったいな文化を変える。
【覚え書き|シャープ社長就任時に社内の風土改革について語った言葉】

若い社員が毎日終電間際まで働いて疲れ切っていますよね。上司が残っているから部下が帰りにくいといった、職場の和を重んずる雰囲気もいまだに残っている。でも、もう会社が一生を保障してくれる時代でもないし、必ず給料が上がる時代でもない。そろそろ会社のためにとか、自分の出世のためではなく、自分の時間を充実させるための仕事の効率化というものを、真剣に考える時期に来ていると思います。

「自分のために」と考えると、人間はなかなかストイックになれません。「彼女や家族、将来生まれてくる子供のために頑張ろう」と、周囲の人を意識するのもひとつの手です。周囲を意識することで、思わぬ馬力が出るものなのです。

一日の時間の使い方を考えるうえで原点となるのは、残りの人生をどう生きるかということです。まず人生の大きな目標を立て、それを意識しながら今日一日をどう充実させるかを考えます。だから当然、仕事だけではなくて家族との時間や自分の個人的な用事もリストに入ってくるんです。

人は最も生産性の高い時にこそ次の事を考えるべき。

ページの先頭へ