スティーブ・ジョブズの名言|苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は断言できます。もし私がアップルをクビになっていなかったら、こうしたことは何一つ起こらなかっただろうと。それは苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう。
【覚え書き|アップルを離れた時期に行った技術開発がアップルを救ったことについて】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

(物語は)ゼロから積み上げるんじゃないんですよ。7とか8とかのところを想像して、「それは一体どうしてそうなるんだろう」というのを想像する。ゼロから積み上げていくと、安定した積み木の積み上げ方になる。最初にどんっと(シーンのアイデアが)あるとすごくいびつなものがつくれる。

講演などで私が若い人たちにアドバイスするのは、「あまり綺麗ごとを追い求めない方がいいんじゃないか」ということです。働き始めたとき、私にとって働く意味とは「食うため」でした。身も蓋もない言い方ですが、なぜ仕事をするかというと、明日の食料に戦慄するからです。働かなくては明日食うものがないと恐れおののく。それが働くことの根底にあるんだということを一回とことん考えてみてはどうでしょうか。

私たちは社員が750人ほど、年商も150億円程度の専業メーカーです。ナイキ、ミズノなど、国内外の総合スポーツメーカーはゴルフ以外の球技でも存在感を示しています。同じ土俵で全方位の戦略を取っても、太刀打ちできません。どうしても特定の市場にターゲットを絞らざるを得ない。そのために攻め筋を明確にすることは、再建・成長に弾みを付ける条件の一つになります。

私が気をつけているのが、漠然と「良かった」と褒めるのではなく、アイデアや努力の優れている点を具体的に評価することです。「発注システムの課題を見つけて、欠品を削減しました」「お客様データを分析して、商品の提案方法を変えて、販売を伸ばしました」といったふうに伝えます。表彰されるパートナーさんだけでなく、聞いている経営幹部や店長たちにも、何が大事かをきちんと認識してほしいからです。

ファミリー向けの焼き肉レストランは名古屋が先進地でした。名古屋近郊に出かけては、1日に5件も6件も回りました。そうやって研究したうえで郊外店を出しました。

わからないことは知ったかぶりをせず、徹底的に学ぶ姿勢を貫けば、現状の理解も進み、本質的な課題や解決法も見えてきます。

28年間の米国での生活を振り返ると、訴訟社会としての一面が強く記憶に残っています。北米駐在中、一度カナダの子会社の副社長を務めた後、米国法人の副社長に就きました。着任初日から弁護士と顔合わせです。その後、毎日のように電話で話し、1週間に1回は会って打ち合わせる日々が始まったのです。よく言えば、法律の縛りが本当にうまくできている。悪く言うと、何でも法律についてチェックしないといけない面がある、というのでしょうか。こうした社会が出来上がっているから、米国では「ガバナンス(企業統治)」という言葉が自然に出てくる。一方で、しょっちゅう違反することがあるから「コンプライアンス(法令順守)」の重要性が叫ばれるわけです。

キャリアの複線化は、ビジネスパーソンにとっての憧れや夢なんかではなく、安全保障だと僕は思っています。

歌ってのは書けるものかい――ここにこうしてすわっていれば、いきなり歌の方で押しかけてくるんだよ。だからせっつかれるような感じでピアノに向かうか、ギターを手にするかして、書きとめる。作るんじゃなくて、思いがけず贈られるようなものさ。

昨年、世界各地の生産拠点から社員が集まって生産革新報告大会を開催しました。これは各地で生まれた新しい知恵を共有する場です。独創的な知恵を世界規模で結集し、みんなで学びあって共に働く喜びを得るのです。

ページの先頭へ