スティーブ・ジョブズの名言|苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう

私は断言できます。もし私がアップルをクビになっていなかったら、こうしたことは何一つ起こらなかっただろうと。それは苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう。
【覚え書き|アップルを離れた時期に行った技術開発がアップルを救ったことについて】

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の場合、昔からやりたいと思うことは全部したい、失敗したら仕方ないと、考えていました。やりたかったのにやらなかったということが、一番嫌なので。多少の代償は覚悟で、すべて実行する道を選んできたんです。

廣田尚子の名言|やりたいことはすべて実行する


各人の業務のムラをなくすには「持ち回り制」が有効。たとえば、電話を取る役目を1時間ごとの交代制にすれば、1人は電話に、他のメンバーは仕事に集中できて合理的です。逆に、「集中タイム」を交替制にするのも良い方法です。電話も取り次がず、相談ごとも持ち掛けない時間を1人1時間ずつ持たせることで、各人の「細切れ」を予防できます。

藤井美保代の名言|「集中タイム」を交替制にする


とにかく超集中して読み、頭に焼きつけます。集中力は長く続かないので、せいぜい1時間以内です。昔からものぐさなので、「読むだけで何とか覚えよう」と試行錯誤してきた。私の記憶法は「向き・不向き」はあるかもしれませんが、「1時間で絶対に覚える」と強く言い聞かせ習慣化していくと、意外に記憶できるものです。

浅田剛治の名言|「1時間で絶対に覚える」と強く言い聞かせ習慣化していくと、意外に記憶できるもの


たいしたことはないだろうと手を抜くと、それがほんの少しのマイナスであっても、相手はこちらが思う以上にがっかりするものです。

孫崎享の名言|少しでも手を抜くと、相手はこちらが思う以上にがっかりする


自己投資をケチって貯金ばかりしていると、将来の不安を払拭するどころか、仕事のスキルがあがらず、リストラされる危険すらあります。

西山昭彦の名言|自己投資をケチらない重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ