スティーブ・ジョブズの名言|「将来何らかの形で点と点がつながる」と信じなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

先を読んで点と点をつなぐことはできません。後から振り返って、初めてできるのです。ですから皆さんは「将来何らかの形で点と点がつながる」と信じなければなりません。自分の勇気、運命、人生、カルマ――何かを、信じなくてはなりません。点がやがてどこかでつながると信じることで、たとえそれがみんなが通る人生の道から外れても、自分の心に従う自信が生まれます。これが、大きな違いをもたらしてくれるのです。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分は死を恐れない。あの事件の時、死を選ぶのは実に簡単だったが、もし死んでしまっては自分の命など九頭の牛の一本の毛の価値すらなかった。死ぬことが難しいのではない、死に対処することが難しかったのだ。死んでしまえば史記を完成させることが出来ず、仕事が途中のままで終わるのを自分はもっとも恥とした。
【覚書き|武帝の怒りを買い、宮刑(生殖器を切られ投獄させられる刑)に処せられたときを振り返っての発言】

国際ルールを策定する場ではコミュニケーションが何より重要です。理屈や理論を示すだけでなく、実際に何度も足を連んで説明する。相手の主張や疑問、関心事をしっかりと聞き、それに応えていかなければ信頼は得られません。自社の利益を声高に主張するのではなく、社会全体の最適を考えて導き出した結論を論理性、客観性を兼ね備えて主張する必要があります。

私は社長になって、資本主義の厳しさを痛感しました。過酷な資本主義の中では、収益をあげるために人材を過酷に使いますが、それで社員が幸せになれるのでしょうか。また、大企業は優秀な人材を集めて、つまらない仕事も優秀な人にやらせます。これはおかしいという思いもありました。中小企業は大企業のように優秀な人材を潤沢には集められません。社員を会社の中で有効に使い会社が繁栄するとともに、かつ社員が幸せになる道をと考えた制度です。
【覚書き|同社の独自な人事制度について語った言葉】

モノづくりから販売まで一貫してできるのが私たちの強みです。販売、つまりお客様に商品を届けるところまで責任を持って担う体制となっています。オンリーワンの勝ちとはそうした仕組みの上に成り立つものだと考えています。

施設と人は両輪。片方を良くしても、お客様は絶対満足してくれない。

AIが進化すれば人間の職を奪うという意見があるが、むしろ人間がもっと楽しく、新しい仕事ができるようになると考えた方がいい。

「将来、自分はどんな社会に暮らしたいのか」――まずはそれを具体的にイメージしてみてください。次に、その社会の実現に必要な企業はどこかを考えてみる。そうして、「心から応援したい」という企業を一つ決めたら、翌日から毎日その企業の株価をチェックするのです。いきなり買う必要はありません。ただ、年に2~4回は株式市場の暴落があるので、そこで思い切って買いを入れます。あとは、株価の上げ下げに一喜一憂することなく、その企業が成長するのをじっくり見守る。それだけです。

アイデアマンとそうでない人の違いは、自分がアイデアマンだと思っているかどうかというだけの話。面白いアイデアを出したいなら、「自分はアイデアマンだ」と思えばよい。

「あの会社はチャレンジができる」という風評はワーっと広がる。そうするといい人が来る。いい人が来るとさらに、そいつがまた優秀な仲間を引き込むという循環になる。

競争を回避したり、新しく出て来るフレッシュなチャレンジャーや新たなアイデアに背を向けた途端に、社会のニーズと離れていく。

ページの先頭へ