スティーブ・ジョブズの名言|「将来何らかの形で点と点がつながる」と信じなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

先を読んで点と点をつなぐことはできません。後から振り返って、初めてできるのです。ですから皆さんは「将来何らかの形で点と点がつながる」と信じなければなりません。自分の勇気、運命、人生、カルマ――何かを、信じなくてはなりません。点がやがてどこかでつながると信じることで、たとえそれがみんなが通る人生の道から外れても、自分の心に従う自信が生まれます。これが、大きな違いをもたらしてくれるのです。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一人ひとりの様々な体験や思いがその人の土台になっていく。

羞恥心は塩のようなものである。それは微妙な問題に味を付け、情緒をひとしお深くする。

私の場合は、通勤時間にスピーチを聴くことが多いですね。とくにオバマ大統領やスティーブ・ジョブズのスピーチを聴くと感動するし、元気が出ます。こうした「自分の気持ちを高めてくれるスイッチ」をひとつやふたつ持っておくと良いと思います。

あなたがマネジャーであれば、部下の失敗を叱責したり慰めたりするだけで終わってはいけない。また、部下の提案に対して「それは前にもやったが、失敗した」「以前検討はしたが、やめた」とは禁句だと思わなければいけない。

経済合理性がある時代の先端の業態は成長の可能性を秘めている。

検査キットを使って飲食店などの細菌の状況や量を調べ、それで当社の商品を置いて、細菌が減ったかどうかまで見える化する。そうしていかないと、お客様は納得されません。今後は衛生管理のアドバイザーとして進めています。

現状では、多くの医者が自分の立場を守るために、「絶対に治る」「絶対によくなる」といった言葉を使おうとしていない。だからこそ、「絶対に治る」と言い切れる医者は貴重な存在とも言える。

ページの先頭へ