スティーブ・ジョブズの名言|死は生命にとっての変革の担い手

死は古いものを取り除き、新しいもののために道を開いてくれる、生命にとっての変革の担い手。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何事も自分の思い通りには運ばないのが世の常で、新しいことを始めれば、99%は失敗するということは歴史が示している通り。

一番のライバルは、自社で培ったノウハウであり、それをいったん崩すこと。したがって、他社がどうとかではなく、ミスタードーナツそのもののブランドをミスタードーナツ自らがいったんゼロにして、今の市場に合わせた形で出せるかがカギ。

自分の実力に比して目標設定が大きすぎると、挫折の要因になります。野球選手も、守備練習のときは、キャッチできるかできないかのギリギリの位置にノックしてもらって、主義範囲を広げていきます。それと同様に、自分の実力の少し上ぐらいに目標設定するのがポイントでしょう。

国家の裁きに執行猶予は付くかもしれないが、自分の良心の裁きに執行猶予はない。

現状、世の中にお金が余っています。目をつぶって貸すことは、どこの金融機関にもできる。しかし、貸すも親切、貸さぬも親切という言葉がある。本当に大事なのは顧客の経営体質を改善したい、売上を上げたい。そういう問題に踏み込む力なんですね。

バブルが崩壊して、どん底を経験しました。とはいえ、経済環境が厳しい時期だったからこそ、様々なビジネスチャンスが存在していたのです。その一つとして、当社はいち早く、人材紹介業の認可を取得しました。当時は大企業が倒産するなど、大リストラの時代でした。

性善説に立ち、性悪説に基づく部分は最小限でいい。信頼が生まれれば規則で縛られなくても、一人ひとりの判断に任せられます。信頼されれば、やりがいも大きくなる。一人ひとりが自由闊達に動きながらも、全体のためには一致団結する。

自分の弱さは、自分で克服するしかありません。その弱さと不運を招いているのは、自分自身の利己心だからです。あなたを貶(おとし)めるふとどきな悪魔を、心から追い払うことです。

よく人から驚かれるんですが、僕は役者の仕事を始めて約30年になります。いまや記憶が定かではない子役の頃から仕事をしていて、高校や大学に通っていた時期も、そのあともずっとこの世界にいます。ただそれだけ長い間、取り組み続けても、まだ将来の方向性は定まっていません。僕はこういう役者を目指しているという明確な形って持っていないんです。とはいえ、そんな自分の状況をネガティブにはとらえていません。役者は、自分のやりたい形でなかなか仕事が出来る職業ではないと思っているからです。

交渉上手な国は、日本人には信じられないほどのロングスパンで、先を読み、戦略を練ります。時間軸を持ち、10年先にはこうなるといった予測を立てているから、逆算して現状の判断ができるのです。

セブン銀行開始当時、ATMの機械は1台800万円ほどしていた。それを、常に店舗内に設置することで防御にかけるコストを減らし、NECに1台200万円程度で作っていただいた。イニシャルコストが、従来とは全く違う。1台あたりの取引件数が1日70件ほどになれば必ず採算に乗るはずだと。考えたことは、単純なんですよ。

思考パターンを変えなければ現状は変えられない。

スクール選びの際にも、無料お試し授業などを受けてみて、「快」の感情が湧くかどうかは重要。「快の感情」として繋がっていれば、短期トレーニング後も、英語の力はしっかりと伸び続けます。逆に「苦の感情」がありながら、「何とか乗りきった」のでは、その後の習慣的な継続に繋がりにくくなります。動機が自己鍛錬のみで、特に差し迫ったニーズがない場合は特に重要。

ページの先頭へ