スティーブ・ジョブズの名言|死は生命にとっての変革の担い手

このエントリーをはてなブックマークに追加

死は古いものを取り除き、新しいもののために道を開いてくれる、生命にとっての変革の担い手。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

将来の転職を考えるなら、今いる職場の在籍中に意識的に準備しておくべきことが2つあります。ひとつは、自分自身のスペシャリティを高めておくこと。もうひとつは人脈を整理し、広げておくこと。

大慌て予防にもリスト化は効果を発揮します。何から手を付けるか決断できずに呆然とするくらいなら、頭の中を整理し、リストの上から順番に仕事を片付けていけばよいのです。

若者も中高年もわくわくして生きよう。

僕の場合は、何かプロジェクトを起こすときに、必ずメディアをつくることを心がけてきました。もっと具体的にいえば、まず本をつくってしまうのです。本は最も強度のある企画書といっていいと思います。新しいプロジェクト案を企業などに提案するとき、普通の紙の企画書ではなかなか通らないものも、本という形にすることでぐんと説得力が出てきます。

成熟社会における企業は、急成長を戒め、「ゆるやかな成長」を継続させることに注力するべきです。前年よりほんのわずかでも売上や利益が上がれば、少しずつでも社員の給料を上げることができます。「去年よりも必ず少しよくなる」という末広がりの状態が続くことによって、社員は安心して働けるようになります。不安がなく、仕事にやりがいが感じられて、給料もきちんともらえたら、社員は日々幸せを感じるはずです。

技術変革や新しいメディアの台頭などにより、ウェブの広告効果も高くなっています。しかし、ブランディングとなると、テレビや雑誌などの既存のメディアやイベントの方が効果的な場合もあります。クライアントのニーズに応えるにはウェブだけではなく、あらゆるメディアを駆使したプランニングが重要になってきます。そのすべてをワンストップで提供できるのが当社の強み。

ノートを書くことそのものが目的化しては意味がない。いくら詳細にお客様との会話をメモしても、それを新規開拓にどうつなげるかということについて考える時間を作らなくては、仕事で成果は出せない。

ページの先頭へ