スティーブ・ジョブズの名言|死は生命にとっての変革の担い手

このエントリーをはてなブックマークに追加

死は古いものを取り除き、新しいもののために道を開いてくれる、生命にとっての変革の担い手。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事で大事なのは、少しずつでも「進歩の痕跡」を残しておくこと。私の場合、原稿の依頼を受けたらすぐにラフを描くようにしています。パワーポイントの企画書であれば、真っ白の状態にしておくのではなく、自分が提案したいテーマや顧客が聞いてくるであろう質問など、最初のひと言を書いておくといいでしょう。進歩の痕跡を自分で確認できれば、今日も少し進めてみようという気になるはずです。

ソフトウェアテストを誰もやりたがらないのは、一言で言うと、単純作業で知的に見えないのです。だからこそ、そこに自分の会社のエンジニアを使いたくないのです。以前、ある上場企業の社長から食事に誘われたのですが、この会社は当時株価がすごく低迷しており、当社からヒントをもらいたいということでお会いしました。ただその方が最後にこう言ったのです。「よくそんなつまんない仕事やっているよね」と。私はその言葉を聞いたときに、やっぱりこの仕事は当社しかできないと確信しましたし、同時にこの方はだからビジネスがうまくいっていないんだなと思いました。

私の場合は、変化に富んだ仕事にチャレンジしていることが、心身の健康を支える源になっているように思います。

私は投資家として常に、「今、ベア(弱気)なのは何か?」を考えることを怠らなかった。世間が強気相場に陶酔しているときに、忘れられているものに注目することで、私は成功してきた。

私としては「まずキャラクターをつくり、歩かせる」よりも、「そこにいるヤツを無理やり歩かせてキャラクターにしていく」方がやりやすいので、まずそこにいるヤツのケツに火をつけるために、そいつの周辺の人物を殺しちゃったりするわけです。なんか言葉が汚いですけど。

人は締め切りのある仕事に対しては、責任を果たすために集中力を発揮して取り組みます。しかし締め切りのない仕事や締め切りが緩い仕事については、たとえ重要性が高いものでも、ダラダラ仕事になりがちです。これが、無駄な残業時間を増やしている要因のひとつとなっています。

すべては上司の胸三寸。極端な話、あなたが出した成果は、上司の一存で「評価に値しない」と判断されてしまうこともあります。今いる会社で結果を出し、評価されたいと思うのなら、まずは直属の上司を納得させないといけません。

ページの先頭へ