スティーブ・ジョブズの名言|「自分はいつか死ぬのだ」と意識する

「自分はいつか死ぬのだ」と意識することは、何かを失うかもしれないという思考の落とし穴にはまらずに済む最善の方法。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最も必要なことは、何が組織にとってのプライオリティ(優先順位)かをハッキリさせることです。我々の場合、全利益の3分の2を稼いでいた写真フィルム事業が2000年にピークを迎え、そこからデジタルカメラの普及が急速に進んでフィルムカメラが激減。会社にとってのコア事業が崩れ始めたわけです。このような環境変化を迎え、どうやって会社を生き延びさせるか。生き延びるとは我々にとって生まれ変わること。会社を再生することです。一流企業として存在し続けるには何をすべきなのか。これこそが、当時の富士フィルムにとってのプライオリティでした。

古森重隆の名言|経営で最も重要なこと


反対する方が楽なんだ。潰しちゃえば何も結果が出ない。僕はやるといった以上、失敗したら責任を取るつもりでいる。反対する人は、クビをかけて反対しているのか。

山田洋次の名言|反対する人は、クビをかけて反対しているのか


一番良いプロダクトを作ることに注力したことで、結果としてナンバーワンになった。売上げやシェアは後からついてくる。

熊谷正寿の名言|売上げやシェアは後からついてくる


読みたい本があるのに、それを犠牲にして仕事ばかりしていると、逆に仕事のアイデアを逃してしまう可能性すらあります。

家本賢太郎の名言|仕事で読書を犠牲しないことの重要性


実はこれまでも両社(アナログ・デバイセズとリニアテクノロジー)のメッセージは一緒だったのです。それは「お客様の技術的難問に対して解を提供し、産業の役に立つ」ということで、互いに文化の違いはありますが、同じスローガンがあるから統合がうまく進んでいるのだと思っています。お客様の難問を解決できるよう、これからも取り組んでいきます。

望月靖志の名言|同じスローガンがあるから統合がうまく進んでいる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ