スティーブ・ジョブズの名言|「自分はいつか死ぬのだ」と意識する

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分はいつか死ぬのだ」と意識することは、何かを失うかもしれないという思考の落とし穴にはまらずに済む最善の方法。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が効率よく問題点を探すことができた理由は簡単です。問題を整理するためのフレームワークを持っていたからです。事業再生の経験で、病気の事業の原因を見極める目が肥えていたのです。すなわち、過去の経験を「経験談」ではなく、フレームワークの形で蓄積していたことを意味します。行く先々で「このフレームワークが合うかな」と引き出しから出して、眼前の状況に当てはめていき、正常と異常の判定を次々と繰り返していったということなのです。

「お客さまの役に立つ」ということを最も重視する会社こそ目指すべき姿。

どんなに「この人と親しくなりたい」と思っても、縁がない人とは縁がないし、縁がある人とは不思議と縁がある。

いまは弱肉強食の世の中だけに、「うちの業界はこうだから……」という論理を押しつけても勝ち組にはなれない。同様に自分の都合ばかり押しつけたところで、お金儲けにはつながらない。

私は若いころから本を読むことが一番の楽しみで、いまでも多くの本を読んでいます。本を読むことが役に立つことかどうかは、ある程度まではわからないものですが、ある一線を越えると急に世界が違って見えるような気がしました。

人を集める秘訣は、自分たちがどれだけワクワクしながらサイトをつくれるかじゃないでしょうか。つくり手の気持ちというのは、絶対にそこを訪れた人に伝わります。服なんてどこでも買えるし、ECサイトもたくさんある中で、お客さんがわざわざZOZOTOWNを選んでくれるというのは、ここに来るとなんだか心が躍るような気分になるからだと思います。そして、それは僕らがそういう気持ちでつくっているからに他なりません。

ベーシックなスキルが身につく前にもかかわらず、プライドが高く、自分の型にこだわってノウハウが吸収できない人がいます。一定レベルに到達するまでは、上司や先輩が言うことを素直に受け入れ、自分で試行錯誤することが重要です。その後の成長はどれだけ早く吸収するかにかかっているのです。

ページの先頭へ