スティーブ・ジョブズの名言|「自分はいつか死ぬのだ」と意識する

「自分はいつか死ぬのだ」と意識することは、何かを失うかもしれないという思考の落とし穴にはまらずに済む最善の方法。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

理念という原理原則は、時代がどう変わろうと変化しない。それぞれの時代に合わせ、変わらない理念をどう具体化するのか。それこそが、経営者がなすべき仕事ではないかと思います。

僕はよく、柔道家というのは、職人であり芸術家であるという話をするんです。これは、確かな技で見る人に感動を与えるという意味です。

聖書の中に「汝の行動は汝の預言者」という言葉があります。まさしくその通り。今とっている行動そのものが未来を予見している。

優秀な人間が、まずい計画の欠陥を修正することはできる。しかし、その逆はまず不可能だ。

言語と非言語のメッセージが一致していないと相手は不信感を抱きます。そうなると、人は非言語の方を信じます。「彼はあんなことを言っているが、目つきがおかしい。本心は違うぞ」となるわけです。

サイバーエージェントには、「仕事の報酬は仕事」という社内格言があった。ひと仕事したら即給与アップを求めるのではなく、その報酬としてより多く自分の価値を高めうる仕事を求める。このストイックな貧欲さが、実は給与を上げるための一番の近道だ。

企業の経営理念には美辞麗句が並び、ただのお題目に過ぎないというケースは少なくありません。それを実のあるものにするためには、理念に合った行動を取る社員に対する、明文化された評価軸が必要です。

経営者は耳に痛いこと、耳触りの悪いことを受け止める度量を磨かなくてはなりません。クレーム処理は非常に大事であることを知ってください。クレームに耳を傾ける気持ちがトップにあれば、下の者も、そういう姿勢をだんだんに示すようになるのです。

ファーストクラスに初めて乗って、お金を稼ぐ人がファーストクラスに乗る理由がよくわかりました。身体がまったく疲れていないのです。もう10時間くらいは乗っていられるというくらい、どこにも疲れがありません。一億の商売をしている人は、飛行機から降りてすぐに仕事をする必要がある。体の節々が痛いとか、足がむくんで歩けないとか言っている暇はないのです。だからファーストクラスに乗る。ただの無駄遣いじゃないことが、それこそ身体を通してはじめて分かりました

いろいろな仕事をする機会をいただきましたが、常にそれは自分にとってチャンスだと考えていましたし、もしそれを断っていたら、今日の私はないと思っています。

失敗からなかなか立ち上がれない人もいるようです。必要以上に自分を責めて、悲観的になりすぎる傾向にあるのではないでしょうか。そのような人は、ぜひ次のように考えてみてください。たとえば、右腕を怪我したとします。怪我の箇所だけを見ると、確かに痛そうだし、しばらくは右腕が使えず不便そうです。しかし、右腕を怪我したからといっても、身体は元気です。自由に動く左腕でできることもたくさんあるはず、とポジティブに考えてみるのです。

一人ひとりと向き合うコミュニケーションの仕組みとして成功したのは、「今週の気づき」という取り組みです。社長は社員が何を考えて、どのような生活をしているか、なかなかわかりません。そこで社員から、仕事で気づいたことや家庭での出来事など、何でもいいので感じたことを毎週メールで送ってもらうようにしたのです。その際、人の批判はしないことと、気づきの中に問題点が含まれているなら解決策も併せて書くように求めました。この取り組みは今年で十年目。これまで社員が送ってくれたメールと、社長や役員の返信を合わせると全部で約六万通になり、すべて私のパソコンの社員別フォルダに整理されています。

すべての人が何かの世界チャンピオンになれるわけではないが、自分に可能なかぎりの最高点に向かって努力することはできる。それが最初の一歩であり、日々の責任である。

ページの先頭へ