スティーブ・ジョブズの名言|「自分はいつか死ぬのだ」と意識する

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分はいつか死ぬのだ」と意識することは、何かを失うかもしれないという思考の落とし穴にはまらずに済む最善の方法。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

技術を磨くより、人間性を磨くほうがはるかに大事。心が一流になれば、技術も必ず一流になります。

結局、豊かさの実感とは、積み上がったお金で得られるものではなく、お金を寛大に使うことによってもたらされるものなのです。

消費者に手にとってもらうパッケージデザインには、斬新でありながらも共感を呼ぶストーリーが求められます。スーパードライの場合、その象徴はメタリックシルバーでした。

相手の話をちゃんと聞くことは、当たり前のことですが、できていない人が多いものです。相手が具体的な答えやアドバイスを求めているならば、ズバリ答えを教えてあげてもいいでしょう。しかし、自分の気持ちをわかってもらいたくて話すという場面もあります。その場合は、相づちを打ちながら聞く姿勢に徹することが大事です。

ありがたかったのは、義父は僕がやることに一切口を出さなかったこと。自分が築いてきたものを少しでも壊したら、普通は文句の1つも言うと思いますが、不思議なほど押し付けは一切なかった。

「GEには官僚主義はない」と言えたらいいのですが、決してそうではない。なぜ自分たちが存在しているのか。いかにして顧客を満足させ、競争を勝ち抜くのか。そうした目的意識を、30万人の社員全員に持ってもらいたい。

コンサルティングでも、複数のコンサルタントを雇っている会社の仕事はしないことにしている。それから、「ウチの会社はこういうことがやりたいので、A社さん、B社さん、C社さん、提案書と見積書を出してください」という入札仕事も絶対にやらない。「大前さんしかいない」と言ってくれなければ、考え始めない。自分の人生の大切な時間を割いて、相手のために命がけで考える神聖な仕事である。量販店の売り物ではない。

ページの先頭へ