友野紀夫の名言|少子高齢化でも、今後大きく成長する保険はある

少子高齢化でも、今後大きく成長する保険はあるのです。これはすべてお客さまのニーズに沿ったものです。お客さまが自分で保険を選ぶ時代になりつつありますから、そこに対して当社は商品力で勝負したい。

友野紀夫 の経歴

友野紀夫、ともの・のりお。日本の経営者。「AIG富士生命」社長。岡山県出身。岡山大学法文学部卒業後、千代田生命保険に入社。チヨダ・ライフ・ヨーロッパ・リミテッド社長、千代田生命財務部副部長兼有価証券室室長、経営企画グループ副部長兼業務グループ副部長、管財人室室長、取締役、AIG・スター生命保険社長、ジブラルタ生命保険副会長、AIG富士生命社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若い人々に伝えたいことは、「何でも良いからこれだけは誰にも負けないという自分領域を作って欲しい」ということ。そしてそこから人々の成長や成功に必須の、誇りと自信が芽生える。

了徳寺健二の名言|何でも良いからこれだけは誰にも負けないという自分領域を作って欲しい


口から肉体に入れる食い物は用心していながら、精神に外界の印象を受け入れるときには、この半分も注意しないで受け入れてる人が多かない?

中村天風の名言|口に入れる物だけでなく、心に取り込むものにも注意を払うことが大切


「仲間のために、人のために汗をかく」。これを真っ当としている会社は間違いなく良い数字を出している。

坂本孝の名言|良い会社の特徴


私も車のキーやテレビのリモコンの置き場所を忘れることはよくあります。こんなときはたいてい、考え事をしていたり、何かに気をとられたりしています。記憶力の大会でも、周囲の雑音に気を取られているときは課題がまったく頭に入ってこなくなります。覚えようとする意志は、集中力とも言い換えることができるのです。暗記の集中力を高めたいとき、私が行なうのは「腹式呼吸」。お腹を膨らませながら深く吸って、ゆっくりと息を吐き出すことを繰り返すうちに、心の緊張や滞りが解けて、目の前のことに意識が集中できるようになります。

池田義博の名言|集中力と記憶力の関係


自分という存在を客観的かつ多角的に見る。その方法の1つは、「人生という長い時間軸」で物事を見るクセをつけること。

為末大の名言|客観的かつ多角的に見るには


組織分業化された会社は、機能がバラバラで情報同期がうまくいかず、あちこちにボトルネックが生じ、大きな機会損失と事業最適化不全を生み出す。

村口和孝の名言|組織分業化のデメリット


ハウステンボスの再建に乗り出す前、市長から10年間の固定資産税の免除を取りつけ、債権者と債務放棄の交渉をし、3年手がけて改善しなければ撤退するという条件も飲んでもらいました。このような条件を整え、本社に致命的損失は与えないという判断のもとでの挑戦だったのです。

澤田秀雄の名言|リスクを極力減らしてから参入する


J-WAVEの朝の番組では、政権が交代したばかりのホワイトハウスに電話をかける、というとんでもない企画もありました。電話、かかるんですね、ちゃんと。それも発見だったんですが、交換手に質問を畳みかけたら、広報のラジオ担当者に回してくれた。担当者は、何を聞いても徹頭徹尾、「生でのラジオインタビューは受け付けていません」という答えでしたが、チャレンジしたかいがありました。とにかく諦めず、くじけず、コミュニケーションを取ろうとする姿勢が大事なんです。

ジョン・カビラの名言|とにかく諦めず、くじけず、コミュニケーションを取ろうとする姿勢が大事


話すのが苦手な人は、質問が少ないのだと思います。会話というのはキャッチボールのようなものですから、聞かれたら、答えたあとに同じ質問を相手にしてみましょう。

和田裕美の名言|話が苦手な人は質問を


きみ、商品を抱いて寝たことがあるか?
【覚え書き|商品開発担当者への問いかけ。抱いて寝るほどその商品に愛情を注いでいるかという主旨の言葉】

松下幸之助の名言|きみ、商品を抱いて寝たことがあるか


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ