ジム・ロジャーズの名言|自力で学ぶことなく投資をしてはダメだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自力で学ぶことなく投資をしてはダメだ。


ジム・ロジャーズ の経歴

ジム・ロジャーズ。米国の投資家。アラバマ州出身。イェール大学卒業、オックスフォード大学ベリオールカレッジ終了。その後、ジョージ・ソロスとともにクォンタムファンドの共同で設立する。ヘッジファンドの先駆者で、投資先は株式・通貨・現物・先物など多岐にわたる。国際情勢や各国の金融政策・社会トレンドなどを詳細に調査し価格の上下を予測するという投資スタイルをとった。クォンタムファンドは設立10年で4200%のリターンを実現した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

数字だけで物事を判断するのは稟議書投資が中心の機関投資家。彼らには決算だけでも事足りるでしょう。しかし会社は機械ではなく生き物。日々の業務姿勢や世相の動向、そして発表されるプレスの行間を読み解く技術を磨くことは、機関投資家の一歩先を歩んで「谷間のゆり」のようにひっそりとしているものの着実に咲き始めた銘柄を見つけるコツだと思います。

投資家は現実と向き合わなければならない。市場がもたらすものをコントロールすることはできず、付き合っていくしかない。

経費削減はバンバンやってますよ。バンバン。最小限の投資で最大限の利益を生み出すのが商売の鉄則。経費を削減するのは当たり前の話。もう、バンバン削ってます。

努力を少しづつでも高めていけばいつか必ず記憶に残る銘柄やファンとなれる企業にめぐり合える筈。これが実は株式投資の本質の一部でもあるのです。

頑張っている会社の、頑張っている経営者を、投資によって応援すること。それが投資の神髄。

自己中心的な人は不動産投資に向かない。業者も横柄なオーナーには優良物件の紹介や空室対策でひと肌脱こうとは思わないはず。

投資で失敗した人の多くは勉強不足。目標とする投資家の本を読み、講演を聞いたほうがいい。受験勉強に比べれば楽なもの。

ページの先頭へ