坂本孝の名言|異業種の動向にだってアンテナを張っておかなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

景気のせいにするのではなくて、お客さまのトレンドを常にトップが注視するのは当然。異業種の動向にだってアンテナを張っておかなければならない。


坂本孝 の経歴

坂本孝、さかもと・たかし。日本の経営者。「俺のイタリアン」などを展開する「俺の株式会社」、古書店チェーン「ブックオフ」創業者。山梨県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、父が経営する精麦会社に入社。その後独立し、オーディオショップを設立するも失敗。中古ピアノ販売、化粧品販売などを経て、50歳でブックオフを設立。同社を大きく成長させた後、会長を辞しバリュークリエイト(のちの俺の株式会社)を設立。未経験の外食産業に参入し「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」などの繁盛店をつくった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マネー記事の読者層は20代主婦から年金世代まで様々です。記事の対象となる人が、いまどんな内容を求めているかを探るための幅広い情報集めは常に必要です。また、専門家の解説は難解なことが多いので、どうすればわかりやすく伝えられるかがキモです。専門用語を置き換えたり、説明を図解したり、背景をグラフで説明したりするための情報とデータが必要になります。

プレゼンの構成やストーリーを考えるうえで重要な作業は、人と話をすること。それも雑談がいい。雑談が良いのは実感を伴うから。実感には感情的な要素が含まれているから、自分も話しやすいし、相手にも伝わりやすい。

理念と言えるぐらいの考え方って、いま、私が会長職にあるように、わかったと思ったときには現場から引退ということになっている。それも不思議でおもしろいものですね。

「あんたは会社が順調な時はつまらなさそうな顔をして朝出ていくのに、大変になると嬉しそうな顔をして出ていく」と家内が笑いながら言ったことがあります。嬉しそうな顔になるのは困難を乗り越えた先に喜びがあることを知っているからです。

今は情報過多の時代。15世紀の人が一生のうちに覚えた情報が、米ニューヨークタイムズ紙の記事1日分といわれるくらいですから、自分が行うことには優先順位を付ける必要があります。

人口減少への対策として、1人当たりの旅行の回数を増やすリピート戦略も考えています。旅行の質を高めて、お客様が行きたい旅行が常にある状況を作り出し、いつも新鮮な旅行を提供する。昨年と同じ商品をそのまま出さないこと。そして、「行ってよかった」と思っていただけるものにしないと、次はありません。

仕事をする時は上機嫌でやれ。

ページの先頭へ