坂本孝の名言|異業種の動向にだってアンテナを張っておかなければならない

景気のせいにするのではなくて、お客さまのトレンドを常にトップが注視するのは当然。異業種の動向にだってアンテナを張っておかなければならない。

坂本孝 の経歴

坂本孝、さかもと・たかし。日本の経営者。「俺のイタリアン」などを展開する「俺の株式会社」、古書店チェーン「ブックオフ」創業者。山梨県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、父が経営する精麦会社に入社。その後独立し、オーディオショップを設立するも失敗。中古ピアノ販売、化粧品販売などを経て、50歳でブックオフを設立。同社を大きく成長させた後、会長を辞しバリュークリエイト(のちの俺の株式会社)を設立。未経験の外食産業に参入し「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」などの繁盛店をつくった。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中で大事だとされていることと、くだらなくてどうでもいいとされていること、その両方にちゃんとアプローチしたい。同じ熱量でその両方に取り組むことで、大事だと思われていることはホントに大事なんだろうか、くだらないと思われていることはホントにくだらないんだろうかという問いが出てくるんじゃないかと。その振れ幅によって、自分の表現の幅みたいなものを広げていきたい。

ヨシタケシンスケの名言|世の中で大事だとされていること、くだらなくてどうでもいいとされていること


仕事上マイナスになる人間関係なら捨てた方がいいでしょう。マイナスになるとは、そのつながりを持っているために自分の評価が下がってしまうというものです。たとえば、居心地がいい、気心が知れているからという理由で付き合いを続けるのは、プライベートならともかく、事仕事においては自分の成長を阻害する要因になります。

臼井由妃の名言|仕事上マイナスになる人間関係は捨てることの大切さ


学びの原点はやはり職場にある。

中原淳の名言|学びの原点はやはり職場にある


周りを見ながら余裕を持って取り組む。それが「集中」だと思うんです。集中というと、ひとつのものにギューっと入り込んでいく姿を考えがちですがそうじゃない。視野を広く持って、のびのびしている状態。それが理想です。

室伏広治の名言|集中とは


幸福と不幸について考える時、私はいつもこの言葉を思い出します。それは、「世の中に、不運な人はいないけれども不運だと思っている人は多い。幸運だと思っている人は多いけれども本当に幸運な人はいない」というものです。これは本当なのです。同じ事柄に出合っても、運が悪いと思う人もいれば、何とも思わない人もいます。つまり、幸運も不運も人が自分でつくり出しているのです。

鍵山秀三郎の名言|幸運も不運も人が自分でつくり出している


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ