坂本孝の名言|異業種の動向にだってアンテナを張っておかなければならない

景気のせいにするのではなくて、お客さまのトレンドを常にトップが注視するのは当然。異業種の動向にだってアンテナを張っておかなければならない。

坂本孝 の経歴

坂本孝、さかもと・たかし。日本の経営者。「俺のイタリアン」などを展開する「俺の株式会社」、古書店チェーン「ブックオフ」創業者。山梨県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、父が経営する精麦会社に入社。その後独立し、オーディオショップを設立するも失敗。中古ピアノ販売、化粧品販売などを経て、50歳でブックオフを設立。同社を大きく成長させた後、会長を辞しバリュークリエイト(のちの俺の株式会社)を設立。未経験の外食産業に参入し「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」などの繁盛店をつくった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

文具は仕事の道具。成長に合わせてステップアップさせる人もいるでしょう。でも、「道具に育てられる」という面もある。「道に具(そな)える」と読むように、仕事人生をサポートしてくれる存在なんです。若い人が背伸びをして、いい文具を買うことで学ぶことは多い。

自分で考えてもらうことも重要なのですが、やはりその前に身につけるべき「型」がある。

われわれ本物の長期投資家は、相場などあれこれ考えない。安ければ買うし、高くなれば売るだけのこと。そこで大事になってくるのが、将来に向けての投資価値の高まりを、しっかり押さえているかどうかだ。

僕の意見としては、クリエイターが関心を持っているのは、見る人・聞く人をいかに共感させるかだと思う。グッとくるとか、ピンとくるとか。僕たちは日々、共感を消費して生きている。普通の消費より、そちらのウェイトの方が大きくなっている。クリエイターも共感させるためにコンテンツをつくっている。

大手量販店の方は、モノはたくさんあるけど、目新しいものがなくて売り場がつまらなくなっているとおっしゃっていました。希少価値のあるものを置いてみたいということで、当社に声をかけてくださったようです。

もう守っているだけでは駄目。何でもいいから新しいことをせんといかん。とにかく自ら変化せんと滅ぶしかない。

どんな場合にも口論なんぞする気になるな。賢い人でも無知な者と争うと、無知に陥ってしまう。

チャンスは広がったといっても、じっと待っているだけでは天職に出合える確率は低いまま。大事なのは、どんどん自分から積極的に動くことです。

人は、常に前へだけは進めない。引き潮あり、差し潮がある。

皆で話合って目標を共有すれば達成できる。

ページの先頭へ