粟田貴也の名言|一時はやむなく足を止めることもある

想定しない外的環境の変化や、成長するための施策で一時はやむなく足を止めることもある。これを対前年比だけをとらえて「成長に陰り」といわれるのは厳しい。安定的に利益を出していることにも注目してほしい。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生は選択の連続であり、私は常に自分を進化させる道を選びたいと考えて生きてきた。

この分野しかできませんでは、顧客の満足は実現できません。検査・承認はサービス産業であるという認識を、より明確に持つようになりました。お客様を取り囲むあらゆるリスク、具体的には「QHSE-SA(品質・健康・安全・環境・社会説明責任)」のすべてに関わるリスクを提言することが、当社のサービスであり、存在意義です。

お客様にとっての1番手である、ファーストサプライヤーになることが何より重要です。ここ数年を振り返ると、好調な製品では必ず市場先導力があるお客様のファーストサプライヤーになっています。

27歳の時、向き合い方が全然、足りないんだなと痛感した現場がありました。熊井啓監督の『ひかりごけ』という映画で、三國連太郎さん、田中邦衛さん、奥田瑛二さんと共演させていただいたんです。三國連太郎さんがアドリブを始めるわけです。田中邦衛さんも奥田瑛二さんも当然のように乗っていき。衝撃でしたよ。「何だこれ?」って。僕は4人の1人として演者の中にいるんだけど、完全に傍観者でした。「どうしてこんなことができるんだろう? この人たちって」。何もできない自分が、そこにいた。皆さんの仕事でも、目の当たりにしてこそわかる同業者のすごさってあると思うんですよ。問題は、そのすごさに気づくか気づかないか。僕は27歳の時に、その瞬間がやってきた。「こんなすごい人たちと一緒にいられるのに、俺は何をやってきたんだろう? 役者としてまだまだ全然だ」と。そこで、もっともっとやらなくちゃいけないという思いがわき出してきたわけです。このご縁が、役者としての大きな転機となった。ガツンとやられて、取り組み方が変わっていったわけです。

有能で信頼関係を構築できると判断した人材は、どんどん幹部に登用していく。それがモチベーション向上につながると私は思います。

カネというのは肥やしと同じだ。ただ積んでいたらハエが集まるだけで、どう上手に畑にまいてやるかなんだ。

食事の回数を減らすと、体内の過剰な栄養を排除でき、人間本来の免疫力が引き出されます。また、空腹状態を作ることで体内の細胞が活性化され、新しい細胞に入れ替わりやすくなるのもメリット。体をリセットすることで、メンタル面でも生まれ変われるのです。

変化に対応できないと生き物は滅びていく。

挑戦自体に価値があると考える。新しいことへの挑戦を躊躇するのは、失敗した時のことを考えて不安になるから。大切なのは結果よりも「やるかやらないか」だと考えてください。

自分の意見を「はい、わかりました」と無条件に受け入れ、実行する人を求めるトップもいるかもしれませんが、それは非常に危険です。もしそのトップが100%正しい判断をできる神様のような人なら別ですが、現実には難しいと思います。

ページの先頭へ