粟田貴也の名言|一時はやむなく足を止めることもある

想定しない外的環境の変化や、成長するための施策で一時はやむなく足を止めることもある。これを対前年比だけをとらえて「成長に陰り」といわれるのは厳しい。安定的に利益を出していることにも注目してほしい。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

型番みたいな製品名より、一発で内容が伝わるストレートな商品名でパッとわかれば、興味を持ってもらえる。

山光博康の名言|商品名は一発で内容が伝わるものを


よく「お客様を大切に」と強調されますが、実際にお客様と接するのは社員です。ですから、経営者はお客様のことを言うよりも先に、まず社員を大事にしなければならない。

池田繁美の名言|お客様よりも先に社員を大事にすることが大切


院内にレベルの高い科がひとつできると周囲にも影響を及ぼし、他の科も高い水準をめざすようになります。すると、そこで学びたいという若くて優秀な人材も集まってきます。

亀田隆明の名言|レベルの高いセクションがあると、周囲も高い水準を目指すようになる


たいていのことは、努力すれば3年で達成できます。どんなにつらくても、3年我慢すれば今度は楽しいことがやってくる。「石の上にも3年」なんて、昔の人はうまいことを言いますよね。でもね、3年間努力したり我慢すればたしかに状況は変わるかもしれないけど、そこに「運」はないの。せっかく3年間踏ん張ったんだから、ついでにあと2年続けていれば、そこに運が生まれます。「石の上にも5年」、僕はいつも5年周期でものごとを完成させてます。

萩本欽一の名言|石の上にも5年


商品開発のベースは「自然」です。自然の恵みを活かす技術が強みとなっています。その強みを生かすことで健康寿命の延伸に貢献できると考えています。例えば、地方自治体と連携し、県産品を使用した商品を開発したり、野菜摂取や減塩促進に係る啓発活動を進めたりしています。

寺田直行の名言|商品開発のベースは「自然」


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ