粟田貴也の名言|一時はやむなく足を止めることもある

このエントリーをはてなブックマークに追加

想定しない外的環境の変化や、成長するための施策で一時はやむなく足を止めることもある。これを対前年比だけをとらえて「成長に陰り」といわれるのは厳しい。安定的に利益を出していることにも注目してほしい。


粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これだけの値下げができるのは、もともと素人だった私たちが工場経営から船の手配や貿易実務まで、仕事を全部手がけているからです。聞いただけで気が遠くなるでしょう?

取ってくるのは少額の契約ばかりで肩身が狭い、という時期もありました。でも実は、お客様の数は同僚の誰よりも多かったのです。そのお客様たちとの関係を続けるうちに、担当先だった会社がどんどん拡大していって、最終的には取引当初の百倍もの売上金額につながったこともあります。もしも、私が早々に意気消沈していれば、この結果はなかったでしょう。

カーナビゲーション用の地図などでは、ヒアやトムトムと協業してきた。協調できるところはあるし、競争しなければならない部分もある。

会話のセンスは、要はその人、その人に合った言葉を選び、この場合はこんな言葉づかいがいいのかなという、できるだけ新鮮な、手あかのつかない言葉で話すことだ。

「こんな練習をしたい」と提案してきた選手に、ハナから「そんな練習はダメだ」と言ってしまえば、もう二度と自分から提案することはないでしょう。私自身、自分の情報だけで指導していては、私のキャパシティ以上の組織にはならないと思っています。だから、選手からの提案はよく聞き、「なるほど、そうだよね」とまずは肯定するようにしています。それから、「でもね、これこれこういう理由で、半年ぐらい様子を見てから始めたほうがいいと思うけれど、どう思う?」といったやり取りをします。

目標というと、人はたいそう立派なことを考えるようです。けれど、目標というのは、必ずしも立派なものである必要はありません。家が欲しい、いい時計が欲しい、ベンツに乗りたい。そんなむしろ立派とは思えないような目標の方がいいこともあります。立派な目標を立てようとすると、そこには無理が付きまといます。自分の目標というより、人の目を意識した、他人のための目標を立ててしまうことがあります。目標というのは、自分が本当に欲しいもの。俗っぽいものでいいのです

ダメな人の7つの特徴

  1. 自分がダメだと思っている人
  2. すぐに諦める人
  3. 友を持たない人
  4. 師を持たない人
  5. 目標を持たない人
  6. 快適ゾーンに閉じこもる人
  7. 学ばない人

ページの先頭へ