粟田貴也の名言|海外は予定どおりいかないのが普通

日本と違い海外は予定どおりいかないのが普通。これまでの海外への初出店では苦労しましたが、多少のことは目をつむる寛容さが身に付きましたね(笑)。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最初は外国人に再建を頼むことに対する反発もあったようですが、会社や従業員のために良ければ、私は社長がどこの国の人でも構わない。
【覚え書き|ルノー立て直しに成功したカルロス・ゴーンを社長に迎えたときの発言】

塙義一の名言|会社や従業員のために良ければ、社長がどこの国の人でも構わない


結局、親が子供に就職活動について教えることができるのは、産業の状況と、それをもとに自分を売り込む戦略の立て方だと思います。人材採用の裏側には、大学の就職指導やハウツー本には出てこない、しかし社会人なら知っている現実があります。それを子供に教えてやるのが親にできる就活支援なのです。

成毛眞の名言|親にできる子の就職支援


定例会議をなくしました。会議が必要になれば、その時その場でやって決めればいい。毎週、定例会議を開く場合、決めるべきことがあっても定例会議まで待たなければならないし、そこで決まらなければ、また1週間後を待つことになってしまう。議題がなくても開かれるなど、会議が形骸化している場合も少なくない。必要な時にとことん話し合って決めればいいのです。

森川亮の名言|定例会議のデメリット


部下には責任を与えるべき。それは、「あなたはできる人ですから、任せましたよ」ということでもある。常に選手を信じ切れば、選手のほうも、信じてもらえるからこそ力を発揮できるし、いい結果が出る。

白井一幸の名言|常に選手を信じ切れば、選手のほうも、信じてもらえるからこそ力を発揮できる


仕事というのは楽しんでいたら、楽しませてもらえるようなことが、次から次へとやってくる。

杉浦誠司の名言|仕事というのは楽しんでいたら、楽しませてもらえるようなことが、次から次へとやってくる


やみくもにセキュリティ対策を行う前に、まず自社にとっての重要情報とは何なのかを定義する。そしてそれが被害を受けたときの「実損」をきちんと試算し、経営陣全体で共有することが重要。

持塚朗の名言|まず自社にとっての重要情報とは何なのかを定義する


企業の成功は自社のユニークな存在になることからもたらされます。

マイケル・ポーターの名言|企業の成功をもたらすもの


私は未来志向ですから、仕事に関わることでも、過去をあまり信用しません。新しい店を出すときの市場調査もそうです。交通量を調べて、商圏、潜在顧客を分析し、結果を店の設計や売り場のレイアウトに反映させる。これをきっちりやりすぎると、店ができた後の変化に対応しにくくなります。しょせん、過去のことでしかないデータに縛られて、身動きが取れなくなったら元も子もないでしょう。

広岡等の名言・格言|過去のデータに振り回されるな


スタッフの接客能力の重要度が高い外食産業においては、人づくり自体がビジネスモデルであるともいえます。

平川昌紀の名言|人づくり自体がビジネスモデル


新入社員時代からずっと重視しているのは、「働く環境作り」です。仕事に必要な能力は、人によってさほど変わらないと私は思う。ならば、長く働いた方が大きな成果を上げられる。そう考え、会社の近くに1Kのアパートを借りました。場所が高級住宅地の東京・東麻布だったので、家賃は月13万~14万円と高かった。ですが、通勤時間が短い分、誰よりも早く会社に着くことができ、誰よりも遅くまで会社にいて働けます。働く時間を長くするための投資と考えて、高い家賃を支払い続けたのです。

松本大の名言|働く環境作りにお金をかける


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ