粟田貴也の名言|海外は予定どおりいかないのが普通

日本と違い海外は予定どおりいかないのが普通。これまでの海外への初出店では苦労しましたが、多少のことは目をつむる寛容さが身に付きましたね(笑)。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕の生業とするシナリオライターという職業にあっては、登場人物が口にするセリフと裏腹に、本心何を考えているかを表現することが第一の目標で、その言行不一致をいかにビビッドに、ある時はおかしく、ある時は辛辣に描くことこそシナリオ書きの醍醐味なのである。役者もまたその延長線上にある仕事で、口にする言葉とは全く逆のことをその人物が考えているとするなら、そこをこそ演じるのが名優の技であって、セリフとは真逆のインナーボイスをうまく観客に伝えなければならない。

倉本聰の名言|セリフとは真逆のインナーボイスをうまく観客に伝えなければならない


謙虚に学びつつ、同時に粘り強く提案を続けていくことで、私の話に徐々に耳を傾けてくれる人が増えていきました。
【覚書き|ホリプロ時代を振り返っての発言】

古川裕倫の名言|謙虚に学びつつ、同時に粘り強く提案を続ける


今でこそエリンギは広く知られています。しかし、20数年前にはまだ日本にありませんでした。そのため、当社が世界で初めてエリンギの量産を始める際、父はびんから出ているエリンギを、スーパーの店頭でもぎ取って販売するという方法を発案し、そのための専用トラックまでつくらせました。

水野雅義の名言|初めての商品は売り方を工夫する


私は100回のメールよりも、1回会って話をすることを選びます。やはり直接会うほうが面倒ですが、そのほうが自分の想いも伝わり、より多くの情報を得ることもできるからです。

櫻田厚の名言|100回のメールよりも、1回会って話をする


銀行のニューヨーク駐在員時代、日本からお客様の案内や接待をした経験があります。そのとき気づいたのは、社会的地位が高く、忙しい人ほどお礼状をマメに送り、しかも自筆だということです。それ以降おつきあいした方々も同様で、さらに届くのが翌日であるなど、早いことも共通していました。

和地孝の名言・格言|社会的地位が高く、忙しい人ほど自筆のお礼状をマメに送る


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ