原田泳幸の名言|価格調整の基本的な考え方と目的

商品ごとにどのように価格を調整し、客数と客単価と利益率が向上する方向に行くのか、同時にお客さまの満足度も上がっていくのか、これが価格調整の基本的な考え方と目的。

原田泳幸 の経歴

原田泳幸、はらだ・えいこう。「日本マクドナルド」社長・会長、「ベネッセ」社長。東海大学工学部卒業後、日本NCR、日本ヒューレットパッカード、油田開発のシュルンベルジェ、アップルの日本法人社長、米国アップルの副社長を経て日本マクドナルドに社長としてヘッドハントされた。またベネッセの社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

製品開発の基準は2つ。ひとつはスノーピークウェイ(経営理念)に則っているか。もう一つは、本当に自分で買いたいかどうか。


三流の会社は、三流のところと取引するしかない。だからこんな目に遭う。一流にならなあかん。
【覚え書き|たちの悪い会社に商品をだまし取られそうになったことを振り返っての発言】


「想定外」に備えるのがリスク管理で、リスク管理は経営の基本。リスク管理には多少のコストもかかりますが、普段から対応をしていなければいけない。


きっかけとなったのが、ビートたけしさんの『お笑いウルトラクイズ』。ここでリアクション芸人としてブレイクしたけど、僕らはそれ以上に番組作りの方法や人間関係の大切さを教えてもらいました。


対面した相手と距離を縮めるために、私は目線の高さを合わせて話をするように意識している。たとえば、私が社員の職場へ行って話をしようとすると、相手はこちらに合わせて立ち上がろうとするだろう。これでは目線の付置が違ってしまう。そこでデスクの脇にあるゴミ箱に座って話をする。そうすると椅子に座っている社員とちょうど同じ目線の高さになる。


たとえばスケジュール管理や書類提出、簡単な報告といった雑用は、もし秘書がいればやってくれますよね。ならばこれらはマニュアルワークなので、テクノロジーを駆使してなるべく楽にこなすべきです。


目標達成のうまい人は、人の力を借りるのがうまいんですよ。我が強いと、人の力を借りたくないと思う。自分だけでやろうとする。でも、できない。そこで目標を下げてしまう。


若いうちは、2つの選択肢があったら酷い目に遭いそうな方を選べ。それが自分をつくる。


私の話す言葉やその意味が相手にわからなければ、信頼する、しない以前の問題で、興味を失ってしまいます。自分本位で誰彼となく同じように話せばいいのではなく、相手に応じて言葉を変えることが重要なのです。


俺もかつては「人生、仕事がすべてだ」と思っていた。しかし、好きな人と出会ったり、人間として素晴らしい人生を送っている人と出会うことで、人生にはいろんな喜びがあることを知った。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ