ピーター・ドラッカーの名言|クライメットクリエイターが経営者だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

クライメットクリエイターが経営者だ。
【覚え書き|クライメットクリエイター=組織や場の気候・空気・雰囲気をつくる人】


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスの基本はいつの時代も変わらなくて、「人を生かす仕事」をしていれば必ず儲かる。だから一番儲かるのがヘルスケア。だってガンに罹(かか)ったら、自分で治せないでしょう。手術を受けるか、薬を使うか、放射線当てるしかない。それで治ったら、最高にハッピーでしょう。だからヘルスケアは、どの国でも一番儲かるのです。その次は食品です。食品って、生きていくのに必須のものでしょう。70億の人間が毎日何か食べているんだから、儲からないはずがない。世界の食品メーカーはみんな儲かってますよ。

大学は研究教育機関として、成熟した人間を育てる場です。その使命を果たすには、まず学生が自信とプライドを抱けるように導かなければなりません。卒業を迎えたとき、大人になったことを学生自らが実感できるような教育の実践を心がけています。

今年の上半期は「スーパードライ」が好調でした。昨年からブランド資産の最大化に、私たちは取り組んでいて、それが奏功したと思います。

当社で働く人は全員がお客さまのために業務に携わる人ですから、いわばお客さまの代理人です。他部門からのさまざまな要請は、当社では「お客さまの声」としてとらえ、迅速に対応することを徹底してきました。

世の中は常に変化しています。5年前にコアだった事業が今日ではコアでなくなる可能性もあるし、逆の場合も考えられます。そこで2年ごとの中期経営計画の中で、毎期毎期、選択と集中の視点でビジネスラインの見直しを実施しています。

商売は「小さく始める」のが一番のリスクヘッジ。

私がある会社に投資した際、その経営にかかわるメンバー全員から、数百万円から1億円程度の出資を集めます。そうすると週一回の経営会議で、練り込みの足りない案を出した人間に対しては、メンバーが本気で怒るようになります。「自分の金がかかってるんだぞ」という意識が共有され、日本企業にありがちな無責任体質が一切なくなります。そういう真剣さが、業績向上につながります。

ページの先頭へ