ピーター・ドラッカーの名言|クライメットクリエイターが経営者だ

クライメットクリエイターが経営者だ。
【覚え書き|クライメットクリエイター=組織や場の気候・空気・雰囲気をつくる人】

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

『Twin Demons』という本があります。そこに書かれている話です。二人の人がレストランで食事をしています。一人は蛙の足と生カキを注文します。それが最高の味であることを期待しているからです。もう一人は蛙がのたくったり、カキが泥のなかで繁殖したりしているのを想像し、それが自分の食道を通り、胃の中に入ることを思い、吐き気を催します。同じものを食べていても、これだけ違うのです。この本の著者は、同じ体験が幸福にもなるし不幸にもなると主張しています。


海外事業の基本は、原材料も機械も人も現地で調達し、現地で売ることです。基本的に商品のクオリティーは守っていくつもりですが、日本と同一のコストで品質を維持するのは容易ではないので、そこは現地事情に合わせてやっていくつもりです。


最近は「敵意識」の強い人が増えています。「自分を否定されるのではないか」と恐れ、誰もが敵に見えて攻撃的な態度に出てしまう。すると相手も反発して攻撃的になり、互いを傷つけ合って消耗してしまうのです。この状態を脱するには、自分に満足感を与えてあげること。プラスの感情が増えれば安心感が生まれ、「誰かに傷つけられる」という恐怖も和らいで、周囲を敵だと感じることも減ります。


真剣に働いている以上、仕事をしながら定期的に運動するなんてそもそも無理な話。だから、多少できなくても、自分を責めず、「ちょっとずつでもやればいいや」と発想を切り替えました。すると、細々とですが、続くようになりましたね。


人は自分が助けてもらった人以上に、助けた相手に対して親しみを感じるという実験結果があります。親しくなりたい場合には、こちらが何かしてあげるよりも、相手にしてもらった方が効果があります。ただ、負担の大きい頼みごとをするのではなく、「手土産にできるお菓子のお店を知らない?」のような、軽い相談事を頼んでみるといいでしょう。相談に乗ってもらったあとは、「あのお菓子、喜ばれました、ありがとう」とお礼を伝えれば、さらに関係は良好になるでしょう。


学生は、情報技術やソフトウエアなど華やかな分野に行きたがるものです。だからだんだん大学からモーターの講座がなくなってきています。しかし華々しいところが必ずしも良いわけではない。私が今やっていることは100年後も残っていると確信しています。


私は社内の年頭の挨拶で毎年、「専門店の完成形を目指そう」と言い続けているんです。基本的すぎると受け取られるかもしれませんが、そんなことを言い続けなければ、果たすべきことはとても実現できないのです。


怒りが僕のエネルギー。怒っているから短期間でもガーッと思いっきり集中して取り組める。絶対に成功させてやるという執念も生まれる。


本業に徹していれば、その利益の何倍、何十倍という大きな信用の財産がついてくる。


私は52歳で社長に就任し、57歳でその座を譲りました。曲がりなりにも50代で重責を担わせていただけたのは、40代の様々な葛藤の賜物だと思います。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ