川村隆の名言|会社を直すときにはポートフォリオの変更は必須

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社を直すときにはポートフォリオの変更は必須。どんなにしんどくてもそれをやるのがトップの仕事。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

限られた時間の使い方、目標の立て方がしっかりしてないと結果は付いてこない。

いまの時代、自分を鍛えるチャンスです。西洋には「荒波だけが優秀な船乗りを育てる」ということわざがあります。また、高校野球や高校サッカーなどは勝ち残っていくチームの選手はどんどん成長します。激戦の中を生き延びていくほど、人は成長します。ギリギリの勝負をするためには、自分の全身全霊をかけて戦わなければなりません。たとえそこで力尽きても、自分の力で戦ってきたという実力が身につくのです。

売る側は「こんな当たり前のこと、わざわざ言わなくていいだろう」と思っても、お客様は当たり前のことがわからないから不安になる。先に当たり前の疑問を解消してあげれば、そこに信頼が生まれる。

私に対して負い目を感じてるな、引け目を感じているなという人には、和んでもらうために、くだらないことを言います。逆に、自分より強い立場の人には、気を使うことはありません。

人事の役割というと、一般的には、制度や研修などの手段を目的化しがちです。しかし、人手不足が問題となる昨今、既存の人的財産をしっかり活用するためにも、本来のゴールを見据え、人事制度の構築、運用などの手段にしばられないことが重要。

周囲を見て、大人らしい話し方のお手本になるような人を見つけ、真似をしてみてください。そう長くない間に、声の出し方が改善できるでしょう。

米国勢より値段が高くてもいいと言っています。米国の農家にとって、200馬力級のトラクターというのは、2台目のクルマを買うような感覚です。ブランドが浸透すれば、高くても売れるはずなのです。

営業の仕事では、断わられても仕方がない面はあります。しかし、行動しなければ結果は生まれません。そして、行動した結果の失敗なら、そこからヒントを得ることができますし、次回はより具体的に成功をイメージできるようになります。

「当時はそれが正しかった。でも、今はこうなのだ」ということを、論理立てて説明できなくてはなりません。そのためには、背景を理解することが不可欠なのです。

大切なのは、自分の感性に素直になること。視野を広げるとかにこだわらず、心のままにものを見ればいい。

ページの先頭へ