川村隆の名言|古い会社は、切り落とすべきものが次々と出てくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

古い会社は、切り落とすべきものが次々と出てくる。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

旅に出ることは、自分自身を少し広い視点で捉えることができる良い機会。

副業を単なる日銭を稼ぐ手段と捉えていては、その意義は半減します。副業を自分を鍛え上げる手段だと考えれば、目先の稼ぎにもとらわれなくなります。そうしてじっくり着実に取り組む人の方が、長い目で見れば稼げるようになるはずです。

頭は筋肉と同様、鍛えるほど強化される。

解決法を考えることは、新たな発見の糸口にもなります。

私は実績データを尊重します。予想については間違いが生じることはありますが、実績データに間違いはなく、自分で立てた予想が事業企画に合致しているかをこれらのデータと照らし合わせることで、素早く検証し、企画の修正が必要かどうかを判断することができるからです。

「いまの若者はきついとすぐ辞める」とよく言いますが、それはキツイことをやっても、そこにやりがい、喜びを感じられないからです。

良い理念とは、良い言葉を掲げるだけではいけません。重要なのは、「社長、社員が心からそれを信じている」こと。

監督とスタッフやキャストは、ヒエラルキーの関係にあるわけではない。それぞれがプロで、役割が違うだけです。彼らの提案にはできるだけ耳を傾け、常に優れたアイデアを求め続ける。それが僕にとって大切。

哲学を自分なりに持つことに大きな意義がある。世界のリーダーをレビューしてみると、必ずといっていいほど自己を律する生き方の作法、考え方といった自分なりの哲学を持っている。

地球上にいるすべての人間が同じ立場にあるのだろう、という思いが年々強くなってきました。偉い人も、偉くない人もいないし、交流を進めていくときだと。これは国も、同じだと思います。偉い国も、偉い国もない。

ページの先頭へ