小池百合子の名言|「私がやらねば」という気持ちで立候補した

このエントリーをはてなブックマークに追加

私がキャスターを辞めて立候補した1992年は、日本の政治が現在と似たような閉塞感に覆われていました。湾岸戦争で国際社会の協力が求められる中、社会党等が国会で「牛歩戦術」を使ったり、バブルが崩壊して一般国民が生活不安に陥っているのに、旧来の自民党の権力争いが行われていたり。このままでは日本はどうなるのだろうかと不安を抱き、「私がやらねば」という気持ちで立候補したのです。当選する保証はもちろんなく、まさに「崖から飛び降りた」ような感覚でした。


小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業はリスクを取って事業をしなければならない。要は、リスクの取り方。身の丈を心得ずにリスクを取るのはバッドリスク。前後左右をよく見て、ここまでやっても会社は潰れないという瀬踏みをした上でリスクを取るのがグッドリスク。

僕は何事もまず、ビジュアル化するようにしています。数字やデータでも、人の考え方や性格でも、何でも視覚情報に還元するのです。しかもそれを、できるだけ色々なバリエーションで視覚化できないかと考えます。そうするうちに、頭の中が整理されていきます。

チェスであれスポーツであれ、あるいは仕事であっても、試合中、または仕事の最中だと反復練習はできないし、うまくいかないときにも調整は少しずつしか行えない。一方、本番ではなくトレーニング中であれば、一度手を止めて考えることもできるし、難度を上げながらの反復練習もいくらでもできる。フィードックをもとに新たな試みに挑戦すことも可能だ。これらのことから本番を繰り返すよりも、事前のトーニングのほうが重要だというこが理解してもらえるだろう。

自分たちの強みがなければ、何のために事業をやっているのかわからなくなる。

私の恐れているものはただひとつ。お金です。お金への執着、金銭欲こそは、ユダをしてイエスを裏切らせる動機となったのです。

1000人に声をかけて、1人しか製品を買わなかったとしよう。私なら、その1人に買った理由を聞く。売れない理由は、値段が高い、デザインが悪いなど、いくらでも出てくる。しかし、1人でも購入の決断をしたわけだ。そこを追求したほうが次につながる。

僕はJTB時代に旅行を売っていたわけではないし、リクルートでも広告を売っていたわけではありません。いまも生命保険を売っているつもりはないんです。セールスという仕事は、お客さんのために解決策を提案することですから。

ページの先頭へ