小池百合子の名言|政治家にとって大事なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

政治家にとって大事なことは、どんな立場になろうとも大義やミッションを忘れないこと。そこは初当選以来ずっと変わっていないつもりです。


小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

具体的に、できるところからやっていくことが大切。

常に買収事業と撤退事業のバランスを取り、変革し続けることで、IBMはより高付加価値な事業へと経営の質を高めてきた。

売上は二の次です。社員が楽しければ、おのずと売上が増え、利益が生み出されると信じています。その証明をこれまでもしてきたつもりだし、この先も続けていくつもりです。

子供の頃から、選抜チームへ行けば、ほかの選抜選手たちの質の高さに衝撃を受けて、追いつくためにはどうしたらいいのかと考えて、上へ行くために、上へ行くためにというふうに僕はずっと生きてきた。

いかんともしがたい現実も確かにあるでしょう。ただ、それでもやはり、自分次第で活路を見いだし、何かを耕すことはできる。

多くの人がイメージする仕事ができる人や理想の人は、結構ステレオタイプで、バリバリ働く外資系のビジネスマンだったり、テレビドラマに出てくるようなやり手の弁護士や医師だったりします。でも、地味でも仕事を着実に丁寧にこなす優秀な人は大勢います。理想を追い求めることを否定することはないけれど、理想そのものが自分に合っていないことも、決して珍しくないんです。

予想よりも時間がかかったときのことを考え、あえて予定を入れない日も作り、余裕を設けることも大事です。

ページの先頭へ