小池百合子の名言|政治にもビジネスのような「共感」が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

政治にもビジネスのような「共感」が必要。私にとっては、お金をかけずに、「大義と共感」で日本人の持っている良さをどうやって引き出すかが大事。


小池百合子 の経歴

小池百合子、こいけ・ゆりこ。日本の政治家、ニュースキャスター。東京都知事。関西学院大学社会学部中退、カイロ大学文学部社会学科を首席で卒業。アラビア語通訳、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」初代メインキャスターなどを経て、自由民主党所属議員として衆議院に当選。環境大臣、防衛大臣、自由民主党総務会長などを務めた。東京都知事選に出馬し当選。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の経験だけでものを考えると、どうしても視野が狭くなります。本を通じて自分以上に努力している人から学んだり、身近な人たちの経験を聞かせてもらったりすることは、大きな励みになりました。

人のために尽くせる人じゃないと、尽くしてもらえない。

相手に買う気を起こさせたい時は、相手に「自分はこれを買うんだ」と錯覚させる言葉を投げかけましょう。「AとBの商品なら、どちらが好きですか」と。これは誤前提暗示と呼ばれているテクニック。二者択一の場合、いずれかを選ぶので、「あなたはどちらかが好きなんですよ」という誤った前提を相手に与えているわけです。あなたが販売員だったら、「もし、買われる場合、お持ち帰りになりますか? ご自宅に配送もできますけど、どうしますか?」と質問を投げかけへ商品を購入するという誤前提を相手に錯覚させることも可能です。

自分の「好き」を突き詰めていれば、つらい時期があっても、問題を打破しようとポジティブになれます。

私自身は「長時間労働の結果として成果を出すのはずるい」と社員に言っています。長い目で見て、続けられないからです。それに、効率よく働いている人の給料が、仕事ができずに長い時間働いている人よりも低いのは、すごく違和感がある。

社長就任当時、部課長さんを全部集めて、なぜ、今の状況で満足したらダメなのかを説明しました。利益率について口を酸っぱくして言っているのはなぜか。社長が決断をするのに時間がかかるのは、社長がバカかもしれず、それは否定しないけど、ポケットにお金が入っていないと社長は決断できない。こうしたことを30分ぐらいワーッと話して質問を受け付けます。その後、若手10人ぐらいと食事をしながら1時間強、話をします。現場の声も分かるし、彼らにとって強い動機づけになる。

存在するとは、知覚されるということである。

ページの先頭へ