宮内誠の名言|与えられた環境や能力を最大限使って、チャレンジしていきたい

私に父(オリックス会長・宮内義彦)ほどの才能があるとは思わないし、時代も違う。でもゼロからスタートしてあそこまで大きくなったオリックスの精神は学びたい。それは新しいものへのチャレンジを続けるということです。与えられた環境や能力を最大限使って、チャレンジしていきたい。

宮内誠 の経歴

宮内誠、みやうち・まこと。日本の経営者。「ビーロット」社長。兵庫県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、ワシントン大学でMBAを取得。三和銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)、三和証券(のちの三菱UFJモルガン・スタンレー証券)、サンフロンティア不動産取締役投資企画部長などを経てビーロットを設立。同社社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

よく社長交代の記者会見で、「従来路線を踏襲する」と言いますが、私はそう言えなかったし、逆に変えなければならなかった。

山本正已の名言|変えなければならなかった


問題が起こって上手く行かなくなったら、問題の本質は何か整理し、強烈に反省する。全員が自分も悪かったなと思える絵が描けたら、改革が動きはじめます。

三枝匡の名言|改革を動かすには


情報の隠蔽は、もっとも回避すべき手段。

野村修也の名言|情報の隠蔽は、もっとも回避すべき手段。


発想とはコミュニケーションである。評価されなければないのも同じ。

山本高史の名言|評価されなければないのも同じ


雑談に抜群の才能があるという人でもない限り、商談前の雑談はとくに必要ないと思います。それよりも、簡単に自己紹介をしたら、「今日はこういう目的で参りました」とその商談の目的をはっきり提示したほうがいいと思います。これをきちんとやっていない人が意外と多いのですが、その商談のゴールが見えなければ、相手も何を話していいかわからなくなってしまいますよね。

江幡哲也の名言|商談で重要なのは雑談より目的を明確に伝えること


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ