ダニエル・ブーアスティンの名言 格言|ダ・ヴィンチの知識欲が強かった理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンテと違って、彼は女性に情熱を持たなかった。ジョットやダンテ、ブルネレスキと違って、彼は市民としての忠誠心を持たなかった。教会やキリスト教に対する信仰心もなかった。ボッカッチョやチョーサーのような色事への関心も、ラブレーのような大胆さも、ダンテのような敬虔さも、ミケランジェロのような信仰への情熱も持ち合わせていなかった。彼は持っている情熱をすべて「知る欲求」へと変えた。


ダニエル・ブーアスティン の経歴

ダニエル・ジョセフ・ブーアスティン。アメリカの文明史家。ジョージア州出身。ハーバード大学、オックスフォード大学卒業。イェール大学で博士号を取得。シカゴ大学教授を25年にわたり務めた。そのほか、スミソニアン博物館国立アメリカ歴史博物館館長、アメリカ連邦議会図書館長などを務めた。著書に『創造者 想像力のヒーローたちの歴史』など。ピューリッツァー賞受賞者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

20代や30代という若いころに成功して、その先は年を取るにつれて下り坂というよりも、晩年になって成功し、そのまま人生をまっとうするというほうが楽しい人生で終われると私は思う。若いうちに少しくらい遠回りをしても、晩年に成功すれば、そちらのほうがトータルとしてみれば、人生投資に成功したことになる。人生はあくまでも超長期投資として考えるべきなのだ。

他社から学ぶことこそ成功への近道。私がやったことの大半は、他人の模倣である。

アメリカの億万長者のほとんどは、一代で資産を築き上げている。ごくふつうの人が、なぜ一代で億万長者になれたのだろう?世の中のほとんどの人は、たいした資産も持てずに一生を終るのに。この違いはなんだろう?億万長者になるのは、自分の能力に自信を持つ人々だ。

日本は全然豊かじゃないですよ。たしかに家庭用電気製品とかはいっぱい部屋にあるけれど、本当に生活をエンジョイするような時間的、空間的なゆとりがあるだろうか?日本人は何か後ろから追いかけられているような感じで、周囲が気になり自分自身を見失っています。

我々の最も大きな弱点は、諦めることにある。成功するための最も確かな方法は、常にもう一度だけ挑戦してみることだ。

レストランを開きたいと思っても、厨房で一日23時間働く覚悟がなかったら、やめたほうがいい。

失敗したらどうしようとか、失敗した場合の引き際をどうしよう、などと心配する必要はありません。成功するまでやり抜くだけの話です。初心を貫徹する覚悟で臨むことが大切です。

ページの先頭へ