天坊昭彦の名言|なぜその決まりがあるかを教えなければいけない

「マニュアルに書いてあるとおりにすればいいんだ」と教えるのではなく、背景にある、なぜその決まりがあるかを教えなければいけない。そうでなければ、トラブルが起きたときに、なぜトラブルになったのかを理解できなくなる。

天坊昭彦 の経歴

天坊昭彦、てんぼう・あきひこ。日本の経営者。出光興産会長。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、出光興産に入社。出光ヨーロッパ社長、取締役、経理部長、常務、専務などを経て同社初の創業家外からの社長に就任。出光興産を東証一部に上場させた。そのほか、石油連盟会長なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

専門性に乏しい人材の居場所は、今後はものすごい速度で失われていく。

石田宏樹の名言|専門性に乏しい人材の居場所は、今後はものすごい速度で失われていく。


一つの稟議書が上がってきたとします。そこにはビジネスの枠組みやメリット、収益性などが書かれているわけですが、それだけでは起案者本人がただ風呂敷を広げているだけかもしれません。作りの凝った資料には往々にしてそういう傾向がある。だから字面だけ見て、いいねとはならないわけです。そこにどのようなリスクがあるのか、計画からの下振れが見込まれるときは、最大損失額はいくらなのか。予測しない事態が起きたとき、どういう対応をするのかといったことも、記されていなければならない。一方で、メリットはどこまで拡大する可能性があるのか、どこまで利益を最大化できるのかについても記されているべきです。その両面が記されてあれば、起案に具現性、実現性を感じます。

安永竜夫の名言|稟議書にはリスクとメリット両方を書く


僕は、皆さんと皆さんの家族をどうやって幸せにするかということだけを考えています。皆さんは自分自身のために仕事をしてほしい。そのためには、自分自身、自分の家族、お客様を大切にすることに徹してほしい。上を見て仕事をする必要はない。
【覚え書き|従業員への言葉】

吉村征之の名言|上を見て仕事をする必要はない


大学を卒業して就職したのは、輸入車の販売会社でした。でも最初は、同期入社8人のうち、私がビリの成績。だから、なんとか成果を出そうと飛び込み営業もずいぶんやりました。それで最終的には全国トップの成績を収めました。

三森裕の名言|ビリからでも全国トップになれる


成功モデルを作ることが一番の教科書。

草刈貴弘の名言|成功モデルを作ることが一番の教科書


企業、会社というものは、他人がいかに潰してやろうとしても、そう簡単に潰れるものではありません。必ず内部から崩壊していくものです。私は倒産の責任はすべて経営者にあると思っています。

早川種三の名言|会社は内部から崩壊するもの


父が独立したとき私は2歳だったから、当時のことは何も覚えてないんです。ただ、父は家の倉庫で一人寂しくパソコンに向かっているのに、とても楽しそうだった。その姿を見てきたので、社長業はおもしろいと自然に考えていたところはあったと思います。

椎木里佳の名言|社長業がおもしろいと思ったきっかけ


どんな完璧な人にもミスは起こります。それを前提としたうえで、自分ひとりでのセルフチェックと、第三者によるダブルチェックを徹底することが重要になる。

山岡信一郎の名言|ミスは起こるという前提でチェックを徹底する


幸運だったのは儲からない時代が長く続き、ずっと貧乏だったことです。会社のお金を使う際に費用対効果を考えお金を最大限活かす方法を1円にまで徹底していました。

佐野陽光の名言|儲からない時代があったのは幸運


間違えた事が分かった時に変える決断をするのもリーダーの重要な役割。

荻野玲の名言|間違えた事が分かった時に変える決断をするのもリーダーの重要な役割。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ