榊原定征の名言|成長戦略を実行するためにも、安定政権が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつては毎年政権が代わるたびに成長戦略を作り、作業は進んでも実行できない状況が続きました。成長戦略を実行するためにも、安定政権が必要。継続は力です。


榊原定征 の経歴

榊原定征、さかきばら・さだゆき。日本の経営者。東レ会長。愛知出身。名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程修了後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。経営企画室長、取締役、技術センター所長、専務、副社長などを経て社長に就任。日本経団連会長、日本化学繊維協会会長、内閣府総合科学技術会議議員、商船三井社外取締役なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

少なくとも、メディアで少々叩かれたくらいで引っ込むようでは、先の道筋はつけられません。

大人が本気で働いている姿を間近で見ることは、子どもたちの社会経験となり、人財育成の一翼を担うことにもなる。

信頼することはリーダーが飛躍する要素であり、会社が伸びる力にもなるでしょう。人材育成で一番重要なことは、リーダーが部下を信じることです。トップがそういう姿勢を示せば、部下は何倍にもして返してくれる。たとえ裏切られたとしても、騙されたとしても、「何か理由があったのだろう」と思えばいい。「受け入れること」が一番重要なことです。

上司とのコミュニケーションの取り方を工夫することことが大切です。人にはそれぞれコミュニケーションのスタイルがあります。口頭で細かく報告しないと機嫌が悪くなる人もいれば、細かい報告を求める点は同じでもメールを好む人、あまり細かく報告されても面倒だから、困ったときだけ相談にきてほしいという人、といろいろです。自分の上司はどうなのかをよく見極め、そのスタイルに応じたコミュニケーションを心がけるべきです。

仕事を楽しくやれば、お客様に対する顔も明るくなります。仕事への自信も出てきます。顔の引きつった営業マンからモノを買う人はいません。楽しそうに仕事をしている人からモノを買いたいのです。だから、楽しくやる余裕が必要です。

仕事をしている時間は、大きく「Aタイム」「Bタイム」「Cタイム」に分けることができます。Aタイムは顧客との商談など売上に直結する最も大切な時間。Bタイムは会議や商談の準備など、直接金にはならないが必要不可欠な時間。Cタイムは商談の待ち時間などのスキマ時間です。残業を減らすには、このスキマ時間をいかに減らすかがポイントになります。

仕事と遊びを混ぜるチャンスはたくさんある。私の知っている成功者たちは、そういうチャンスを最大限利用する。私自身もそうだ。私は仕事で出張に出かけることがとても多い。一年の半分は出張中といってもいい。そこで、出張の最後に大都市に立ち寄り、そこで妻と合流して2、3日過ごすことにしている。スケジュールを調整して、出張途中に私の所有する競走馬がいる競馬場に足を運べるようにもしている。そんなチャンスを利用しない手はない。

ページの先頭へ