榊原定征の名言|経済成長を民間が引っ張っていかなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

民間企業というのは、いわば民主導の経済成長の立て役者というか、担う立場。経済成長を民間が引っ張っていかなければならない。


榊原定征 の経歴

榊原定征、さかきばら・さだゆき。日本の経営者。東レ会長。愛知出身。名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程修了後、東洋レーヨン(のちの東レ)に入社。経営企画室長、取締役、技術センター所長、専務、副社長などを経て社長に就任。日本経団連会長、日本化学繊維協会会長、内閣府総合科学技術会議議員、商船三井社外取締役なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

売れない営業担当者は、自分が行きやすいところばかり訪問して本来獲得すべき顧客、ロイヤルカスタマーになりうる顧客のところを訪問しない傾向がある。それが許されているのは、営業部門として、こういう会社をターゲットにしようという認識が共有されていないからだろう。まず注意したいのは誰を顧客にするかという点だ。

人間はやっぱり出来損ないだ。神様みたいな人は少ない。皆、失敗はする。その出来損ないの人間を愛せるかどうか。

商品やサービスの情報をチェックするのではなく、なぜお客はその商品を買ったのか、なぜ買わなかったのか、店員の対応はどこが心地よかったのか、逆にどこが不愉快だったのか。プラス面もマイナス面も、ポジティブもネガティブも含めて、人の気持ちを集めることがネタのストックになります。

教養をビジネスに生かすうえで大事なのは、「クリエーティブ」と「リアリティー」とのバランス。私自身は、若い頃、日本の書や骨董、アートの世界に没頭し、クリエーティブが過多な状態でした。そんな私に、「君にはリアリティーが足りないから」と不動産業への就職を勧めてくれた人がいたおかげで、資金管理や人事マネジメントのスキルを磨くことができました。その経験がなければ、今携わっている古民家再生も単なる耽美主義に終わり、ビジネスとして軌道に乗せることはできなかったように思います。

お客様があってこそ。お客様が商品を買ってくれることで、原材料費や広告宣伝費、そして社員や株主に分配するお金になる。こうしたサイクルがきちんと回っているからこそ会社が継続的に成り立ちます。そこに研究開発や生産、営業がすべて集中する。そういう感覚を強く持てるかどうかです。

いまは、日本民族が、世界を相手に優勝劣敗の戦いの中で真価を問われているときだ。

そもそも、買った商品がダンスの肥やしになってしまったら、買い物は失敗したのと同じ。そうならないよう、たとえお客様がご購入を決めたあとでも、「同じようなものをお持ちではありませんよね?」などと確認します。それから、コーディネートに困らないよう、着方のバリエーションもいくつかご紹介します。

日々の安全・安心を提供して私どもの使命をきちんと果たしていく一方で、企業として成長しなければなりません。私どもの営業エリアで地元と一緒になってビジネスを展開していく、つまり地域共生企業をめざすということです。今後は人口が減っていくので、鉄道事業の経営環境はますます厳しくなります。そのため、鉄道以外の事業をいかに伸ばすかが重要になります。

安全で高品質な製品を提供していけば、おのずと数字は付いてくる。

自分の心に水を与えなければいけない。そういう喜びがないと仕事も続かない。決算書だけの人生なんて悲しすぎるだろう(笑)。

ページの先頭へ