工藤公康の名言|ただ力を込めても速い球は投げられない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ただ力を込めても速い球は投げられない。


工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

生活のリズムが狂い出すと、フォームも狂ったりします。計画や準備を怠ることは、失敗を計画しているようなもの。「準備イコール結果」だと考えています。

残念ながら、効率よく英単語を覚える方法を私は知りません。むしろ私は記憶力が非常に悪いため、単語学習にとても苦労してきました。苦労の中で編み出したのが、忘れて当たり前という姿勢でした。凡人が1日に10語の英単語を完ぺきに覚えることは難しい。それなら100語を学び、99語は忘れても、1語だけはなんとか覚えようという方法です。

労をいとわず何でもやる人間はダメです。まず与えられた仕事が意味のあるものかどうか即断し、意味のない仕事は徹底的に短時間で処理する。また同じような繰り返しの仕事は徹底的に標準化し、それにほとんど時間を費やさないことです。

まず、動きやすい導線を作って小さな流れを作る。そこに共感した人たちが集まってきて、やがて大きな川の流れのようになっていくのが理想です。つなげるというより、つながるようにする。

見える化の威力は私自身が会社経営で経験した。社長になったとき、まず会社の問題を見える化することから始めた。たとえば、当時は「日本のものづくりは高コスト」という固定観念が広がっていたが、実際に世界中の工場、商品ごとのコスト構造を分析してみると、日本の工場は変動費部分では十分競争力があった。一方で、固定費部分が非常に重いことがわかり、「1回の大手術」と宣言して構造改革を実施した。

みんなが嫌だと思うところにこそチャンスはある。

相手に自分の言うことを理解してほしいなら、一方的に自分の思いを押し付けてはいけない。

ページの先頭へ