津賀一宏の名言|すべてが日本主導という形を改めることが、逆に日本の役割を明確にする

日本と海外拠点の両方が刺激し合いながら、それぞれが非常に特徴を持った存在になっていく。すべてが日本主導という形を改めることが、逆に日本の役割を明確にすると。これが我々のスキームです。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

家電量販事業から撤退することで黒字化が実現できれば、将来的にはまた新たな投資をすることができます。当面は、早くその余力を生むことを目標に考えていきます。

かなり年下の上司を持った3人にすれば、複雑な気持ちだったと思いますが、私は自分のマネジメントの力が問われていると思いました。そして、それには誰にも負けない努力をするしかないと思った。朝6時から夜11時まで全力で働きました。後から「あの気迫を見て、こいつと一緒にやってやろうじゃないかと思った」と言ってもらいましたが、必死でした。

番組を作品と思うな。番組は商品。商品というのは、お客様が喜ばなければ意味がない。だから、作り手側の自己満足ではいけない。

さまざまなアイデアは、外からの視点だからこそ生まれてくる。

多くのリーダーを輩出することが当社の責務であり義務であると考えている。

まず、「化粧品をつくってみませんか?」というお話をいただいたのがきっかけで、化粧品の企画から販売まで携わることになりました。そのときには、まだ何をつくるかも決まっていない状態でした。そこで、いまの日本市場には、まだそう多くは出回っておらず、需要がありそうな化粧品を考えたときに思いついたのが、韓国で流行っていた、一枚一枚が個別包装されているシートマスクでした。これは、日本の女性にも需要があるはずだ!と。

ギャーギャー言っちゃいけない。すごく控えていますね。あんまり言うとみんな上の顔色ばっかり見るからね。

会議で決まったデッドラインが1カ月後だとして、締め切り間際にその仕事を始めたとしよう。そのときにはすでに時間が経過していて、会議で何が指示されたのかあまり覚えておらず、メモを頼りに仕事をするだけで、まったく面白みが出てこない。これに対し、会議の翌日にデッドラインを引いてしまえば、前日の熱気を保持したまま、すぐに仕事の内容に入っていくことができる。こうすれば、第一に会議での内容をよく覚えているので仕事の初速が速く、効率が上がる。第二に新鮮な気持ちのまま取り組めるので、仕事が面白い。人間はスピードに乗って仕事をこなしたほうが、楽しく感じられるということは、ほとんどの人にあてはまることだ。

成功体験に執着してはダメ。固執すると視野狭窄に陥って、次が見えなくなってしまう。

科学的な分析や手法はもちろん大事です。でも、世界はもっと先を行っています。科学だけではまだ足りないのです。企業経営も全く同じです。「世界で勝つ」というスピリッツをもう一度見直していいはずです。心の力と科学の力の両方を持ってこそ強くなれる。

ページの先頭へ