津賀一宏の名言|すべてが日本主導という形を改めることが、逆に日本の役割を明確にする

日本と海外拠点の両方が刺激し合いながら、それぞれが非常に特徴を持った存在になっていく。すべてが日本主導という形を改めることが、逆に日本の役割を明確にすると。これが我々のスキームです。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

同じ家具であれば、3割以上の品質機能が上がること。商品の価格と品質機能、この差があればあるほどいいんです。英語でいえば、バリューがあるということになります。

似鳥昭雄の名言|商品の価格と品質機能、この差があればあるほどいい


海外勤務の心得
一、異国に在ることを認識し、其の国の風俗・風習に早く慣れるとともにそれらを深く理解すること。
二、常に自己の健康に留意し、爽快な心で社員に接すること。
三、品質第一を旨とし、技術の妥協は許されないこと。
四、現地材料の開発を積極的に行ない、日本の依存から脱却すること。
五、日本人社員間は勿論(もちろん)のこと、現地社員との和を常に重んじること。
六、現地社員を育成し、経営全般に参画せしめ、現地社員による経営の時期を早めること。

松下幸之助の名言|海外勤務の6つの心得


準備のわずかな差が、中長期でみると雲泥の差を生むことになる。

赤星憲広の名言|準備のわずかな差が、中長期でみると雲泥の差を生むことになる。


我々は携帯電話ひとつで生活できないかと考えています。たとえばいま、防犯の観点からドアに鍵のないマンションやオフィスが増えています。携帯電話でドアの開閉をしたり出退の管理をするなど、いろいろな可能性が考えられます。

中村維夫の名言|事業の将来像を思い描く


相手と上手くコミュニケーションをとるためには、自分の専門はもちろん、それ以外のことにも興味をもって、知識を増やすことが大切。

三浦善司の名言|専門外のことにも興味を持つことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ