津賀一宏の名言|お客さまの厳しい要求が強みをつくる

お客さまに突き刺されば、かなり厳しい要求が出てきます。しかし、それをお客さまとの対話を通じて、また自分たちで知恵を集めて、どのように乗り越えていくのか、これが基本の強みになる。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一番気をつけていることは指導する子どものバックグラウンドです。家庭環境も含めてその子が置かれている状況によって、どう伝えればよいのかが一人ひとり絶対的に違うからです。たとえば、ほめた方がよい場合もあれば叱った方がよい場合もあります。

松岡修造の名言|相手のバックグラウンドを知っておくことが大切


イノベーションにより、新たな価値を生み出したり、生産性を向上させたりするためには、まず現場の実態を把握しなければなりません。とくにチームを良い方向に導いていく役割を担う管理職の方には、大事なスキルだと思います。そこで重要なのは、既存の価値観やフレームにとらわれず現場と向き合うことです。そうして初めて、現場に潜む課題やニーズの本質をつかむことができます。

松波晴人の名言|既存の価値観にとらわれず現場と向き合うことの大切さ


いまは、サントリーさんを、うちの会社のあり方の目標にしています。サントリーさんは非上場ですが、その知名度、社名のブランド力は全国区です。なぜかといえば、基本的なベースは、文化活動などでの社会貢献の結果だと思っています。
【覚書き|スポーツや音楽イベントなどの主催・協賛や、文化活動、社会貢献活動に力を入れていることについて語った言葉】

韓昌祐の名言|企業による文化活動、社会活動の重要性


『礼経(礼儀と経済の)一致』こそが、我が社のビジネス・コンセプトなのです。

佐久間庸和の名言|礼経一致をビジネスコンセプトにする


ビジネスモデルを変える。あるいは今までの資産を捨てるとなった場合、創業者でありオーナー経営者であることが有利に働きます。すべてのことを把握しているため決断のスピードも速いし危機感も強い。だからこそ思い切った手が打てる。捨てる決断もできる。捨てる決断をすれば、一時的には大きな打撃を受けますが、他の部門が育ちます。未来を見据えればどちらが正しいかは言うまでもありません。

澤田秀雄の名言|創業者、オーナー経営者の利点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ