津賀一宏の名言|パナソニックはモノをつくる前に、人をつくる会社でありたい

我々が最も大事にしたいと思うのは、松下電器産業をつくった(松下)幸之助創業者の「モノをつくる前に人をつくる」という精神です。パナソニックはモノをつくる前に、人をつくる会社でありたい。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何にでも「正しいこと」を引っ込めてしまうと自分のポリシーが失われてしまいます。どの程度まで「有効なこと」であれば受け入れるのかという線引きを持つことができれば、人間としての幅も広がるでしょう。

黒星だと思っても、気持ちの向け方ひとつで白星に変わる。何がきっかけになるかはわからないもの。

外食産業は非常に競争の激しい業界です。以前は根性だけで何とかなっていましたが、これからはそうはいきません。ただラーメンを作れるというだけでなく、経営者としてのスキルを磨いていくことも必要です。そこで我々が行っているのが、「グロービート・ユニバーシティ」というビジネススクールです。1年半ほど前に社内向け研修としてスタートしたものを加盟店にも開放しました。加盟店オーナーだけでなく店舗で働くアルバイトスタッフなども自由に受講でき、最近は加盟店が店舗内の教育の参考にしたいと参加されるケースが増えています。

逃げを打つなら、「今ある仕事で、伝説を作ったろうかな」と考えた方がいい。

経営で大切なのは、時代の流れに即し事業の成長性を見極めること。

デジタル化により最も非効率なところが、最も破壊される。

価値ある情報への感度を高めるためにはコミュニケーション力は欠かせません。コミュニケーションとは、ひとりよがりの思い込みで人と接することではありません。相手の気持ちや立場を理解したうえで会話ができることです。今後は、そうした能力がますます求められます。

これからはエネルギーの大競争時代に入っていきますが、競争の時代だからこそお客様の信頼にこたえていくことが必要。当社の究極の目的はお客様と社会のお役に立ち続けること。これは昔も今も変わらぬ使命です。

クレーム対策の基本は2つあります。ひとつ目は、1%でも原因が我が社にあるなら、一も二もなくお詫びします。ふたつ目は、お客様と徹底的にコミュニケートして解決の糸口を探ることです。

老いぼれるのは結局、自分で諦めているんですよ。年を取ると、できない理由ばかりを一生懸命考え始めるんです。

ページの先頭へ