津賀一宏の名言|自分たちが経営の主役なんだという意識を見える形にしないといけない

現場が元気になってもらわなければいけない。そういう意味では、昔の事業部制のような、今でいうビジネスユニットと呼んでおりますけれども、このビジネスユニット主体の経営という形で臨んでいきます。自分たちが経営の主役なんだという意識を見える形にしないといけない。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕の一番のアドバンテージは外部の人間であることです。外から見て、強みが全然伝わっていませんよ、逆に消費者からこういうふうに思われています、といったように、内側にいると持てなくなる視点を持てます。だから、クライアントに「こういうふうに力を入れてこられたのですね。でも、社会には伝わっていないので、アプローチの仕方を変えましょう」と新しい視点からの提案ができます。

いま企業はブランドよりもレピュテーションに注目しています。まだ知られていない企業や商品に対しての認知度を引き上げてる来るのがブランドです。それに対して、ブランドの成長とともに膨らんでいくのがレピュテーション、つまり評判です。ブランドに対する期待値といってもいい。

キュリオシフトはプロスポーツ選手のセカンドキャリアを実現する目的で設立した会社です。まずは自分自身が勉強したいという思いから、キュリオシフトを設立する際には、司法書士などの専門家には頼まず、自分で全て手続きをしました。

世界は、裏の世界を知らない世間一般の人々が想像しているものとはずいぶん違った人物によって動かされているのだよ。

敵に先手をとられたときと、自分から先手をとって敵にしかけたときとでは、倍も違うものである。

これから10年の新しい金融サービス業のモデルを考えないといけません。それには銀行にこだわらない新しい発想が必要です。

ヒット商品になっている当社の電動ハイブリッド自転車「パス」は、94年の発売まで10年以上もかかりました。最初は補助動力としてエンジンを使ったのですが、快適な自転車にはとてもならなかった。モーターに切り替えてからも、ギクシャクとした感覚を解消し、違和感のない乗り物にするのはとても困難な仕事でした。それでも製品化でき、ヒット作に育ったのは、人力をアシストする乗り物、との発想には自信があり、そこにこだわり続けたからです。

転機をもたらす人物と出会うための4大法則

  1. 自分がどうなりたいのか明確なビジョンを持つ。
  2. 声をかけられるのを待つより、自分から声をかける。
  3. 頭で考えず、インスピレーションで決める。
  4. 情報収集をマメにして、直感の冴えを保つ。

現場の誰かがいい情報やアイデアを持っていても、それを組織全体に発信し共有することができなければ、活かしようがない。だからこそ、フラットな組織が必須。

技術的な話でいえば、文章に具体性を持たせるには比較を用いるのが有効です。たとえば「うちは営業が弱いのでテコ入れが必要」と書くより、「競合のA社より営業部員が少ない」と比較することで問題の所在がより具体的になります。ここで注意したいのは、比較する対象を一般論や抽象論に求めないことです。「一般企業より営業部員が少ない」という書き方では、本当にそこに問題があるのかよくわかりません。比較対象を具体的にすることで、結論にもリアリティが加わるのです。

カメラマン、ヘアメイク、スポンサーなど、関係者すべてを地元の方にお願いすることで、「この雑誌は自分たちのもの」と思ってもらうことができます。それがひいては、「この仕事は、どうしても他人にはやらせたくない」という強い思いにつながっていくのだと思います。

十分な事実があれば、優秀な人材はそこから何かを引き出すことができる。

学生をビジネスの現場に送り込むこともしています。企業から学ぶ、学問から学ぶ、プロジェクトから学ぶということができる。まさにアクティブラーニングと言えます。この学部の卒業生の就職率は99.3%と全国の大学の中でトップの数字です。

ページの先頭へ