津賀一宏の名言|自分たちが経営の主役なんだという意識を見える形にしないといけない

現場が元気になってもらわなければいけない。そういう意味では、昔の事業部制のような、今でいうビジネスユニットと呼んでおりますけれども、このビジネスユニット主体の経営という形で臨んでいきます。自分たちが経営の主役なんだという意識を見える形にしないといけない。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

統合しても、積み木を重ねるだけだと組織は簡単に崩れてしまいます。とはいえ、フードプロセッサーでかき混ぜてまったく新しいものにするようなこともしたくありませんでした。粗挽き状態でそれぞれの要素がわかるが、全体としては形になっている。そんな組織をつくりたかったんです。
【覚書き|M&Aの方向性について語った言葉】

潮田洋一郎の名言・格言|それぞれの強みを生かしつつ、全体として形になるM&Aを


吉田忠雄(創業者)は、NOとは言わない人でした。「いいんじゃないか、でも……」というような話し方で、相手の興味を探っていくんです。

吉田忠裕の名言|相手の興味を探っていく


発明はけっこう戦略的にやっています。たとえばこの技術が公開されたら企業はこう動くだろうから、いまのうちにこれを発明して特許申請を出しておこうという具合に、先回りするんです。

道脇裕の名言|発明は戦略的に


夢や目標を正しく設定することが大切です。いつも営業成績が下位にいるような営業マンが、いきなり「トップ営業マンになる」といった目標を立てたとしても、脳はドーパミンを出してくれません。目標が高すぎるからです。そこで「トップ営業マンになる」という大目標と、それを達成するために「毎週必ず○○件は新規営業をする」といった小目標を立てましょう。

石浦章一の名言|脳は高すぎる目標にはドーパミンを出さない


2週間の研修のあと、配属されたのは経理部門でした。元々、営業志望で入社しましたから、正直なところちょっとがっかりしました。そんな時、東京・八重洲の地下街を歩いていて、たまたま立ち寄った書店で目に留まったのが、『松下経理大学の本』でした。私が当初抱いていた経理のイメージは、この本によって完全に覆されました。経理は単なる会計係ではなく、「企業経営の羅針盤」の役割を果たすべきもの、つまり、経営管理、経営経理でなければならないと述べられています。ですから本書の冒頭には、「初めに経営基本方針ありき」と謳われていました。大学時代に経営学を学んできたものの、経理から見た経営という観点には初めて気づかされました。

加藤照和の名言|経理は単なる会計係ではなく、「企業経営の羅針盤」の役割を果たすべきもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ