津賀一宏の名言|お客さまが原点、起点

お客さまが原点、起点。みんながお客さまに向くことを心がける。そのお客さまを向けば、(松下)幸之助創業者が言った素直な心が求められる。お客さま第一と素直な心が大事だと思うんです。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業運営において大切なのは、努力がきちんと報いられるフェアな仕組みを作っておくこと。自分が頑張れば、組織も成長する。そんな充実感を感じられる会社なら、自然と伸びていくと確信しています。

私たちはいつか、いまより少しはものごとを知っているようになるかもしれない。しかし、自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう。

一般的にネットの会社にはエンジニアが多いのですが、エンジニアの人ってロジックでコミュニケーションをする癖があります。そういう人ほど手短にコミュニケーションを済ませようとするのですが、一般の人ってそうじゃないですよね。ロジックではなくて感覚を共有したいとか、気持ちを伝えたいという人がほとんどだと思います。

ハードやソフトのサービスを向上させれば、コストも上がると考えがちですが、工夫次第でこれらの両立は可能。

社員の幸せを考えると会社も成長する。

私は、6歳の子供でも60歳の大人でも心の中に持っている子供心に響く映画を作っている。どんなに悪い大人でも、無邪気さを捨ててしまってはいない。たとえ、心の奥深くに押し込んでしまっているとしてもだ。

成功した経営者の方に話を伺って思うのは、若い時期に自分の背中を押してくれる人物と出会っていること。

へらへらと上滑りして出てくる口上手な言葉に、人をとらえる力があるでしょうか。そんな口上手になるくらいなら、口下手の方がいい。

執念がないと、可能性を信じないで困難ばかり考えるようになります。できない理由を一所懸命探す。挙句の果てに何をするかというと、必ず他人のせいにするんです。誰だって、自分を失って後ろ向きになんてなりたくないですよね。まあ楽ですけど。

20年の歳月をかけて約3000億円を投じました。アイコス(加熱式たばこ)はこれだけの長期間をかけて継続的に弊社の研究開発陣がずっと努力を続けてきました。まさに旅のようなものなのです。その行き着いた先にアイコスという製品がありました。開発にあたっては、300人を超える科学者・技術者が参加し、170以上の論文などを提出するなど、それだけの努力を重ねて商品化に辿り着きました。

ページの先頭へ