津賀一宏の名言|伸びている人の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

伸びている人は、まずしがらみにとらわれない人。自らを枠にはめないということ。そういう意味ではチャレンジ精神があるということ。


津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

チャレンジしないと新しいものはできない。

チャレンジすれば失敗の確率も出てきます。ただ、失敗から学ぶことは非常に大きいですから、そこから新しいものが出来上がっていけば良い。

ビジネスの世界は唯一無二の解がないからこそ、新しいものを見つけてチャレンジしている。

当社の強みは「チェンジ&チャレンジ」の精神です。現状に満足せず常に挑戦者のつもりで努力してまいります。

キーワードは「好球必打」。良い球かどうかを見極める目を持ち、打つというチャレンジをすることが大事。

部下がどれだけその仕事に執着できるかどうかは、上司の姿勢如何。とにかくバットを振らせる。チャレンジの場を与えることが必要。

常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないようにと思っています。

ページの先頭へ