津賀一宏の名言|お客さまに突き刺さっている現場

元気があって、売り上げも利益も出ている現場というのは、ひと言でいえば、お客さまに突き刺さっている現場なんです。これはもうはっきりしています。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分が元気なうちに後継者を育てて、社長を譲らなければいけない。

本庄八郎の名言|自分が元気なうちに後継者を育てて、社長を譲らなければいけない


変わってる人がいい。みんなで集まってから何か始めようとする群れる人間ではなく、社会の枠組みを蹴散らすパワーのある元気な若者が。

飯田亮の名言|社会の枠組みを蹴散らすパワーのある元気な若者がいい


どんなにつらくても明るく元気に振る舞うことで、最終的には勝利を手にしてきた。何事も、諦めずに継続することが一番大事。

澤田秀雄の名言|何事も、諦めずに継続することが一番大事


年老いて病気をすれば、高額な医療費がかかることは避けられません。そこで私自身は「親のたしなみ」として書面を残しました。「いざとなった時、延命治療はやめてほしい」と書き、3人の子供たちに手渡したのです。子供たちや医師に、つらい決断を強いたくない。だから自分で決めておく。子供たちは実感がわかないようでした。今の私は健康で元気ですから、40歳の長女などは書面を見て、「何これ?」とまだまだ他人事のようでした。しかし、いざという場合に備えて書面に残したということもあり、子供たちは父親の思いを尊重してくれるものと思います。

斎藤勝利の名言|高齢になった親のたしなみ


アジアの若い企業家に会うと元気をもらえる。国の将来や未来のビジネスの話など熱く語る人が多く、影響を受けます。

徳重徹の名言|将来を熱く語る人から元気をもらう


いまは明るく元気ないまどきの女の子役が多くて、それを楽しんでいるけど、これからは役の幅を広げていきたい。そして、おばあさんになっても女優を続けたい。

紗栄子の名言|役の幅を広げていきたい


若い社員たちに一流の人に会って欲しい。側にいるだけで元気になりますし、「世の中にこんな方がいらっしゃるんだな」と嬉しくなります。

遠藤正一の名言|一流の人に会って欲しい


創業者はよほどのことがない限り、「辞めろ」とは言われない。だからこそ、元気なうちに引導を渡した方が後輩たちにもいい。気力、体力のあるうちに下山した方がいい。

安田隆夫の名言|創業者は気力、体力のあるうちに下山した方がいい


やっぱり元気がなければお店も賑やかにならない。

安家美津志の名言|元気がなければお店も賑やかにならない


僕は「日本を元気にする」という類の議論は無責任だ、と書いたことがあります。これだけ多様化し成熟した社会で、「日本をどうする」といってできるものではない。個人や企業が努力して、その個が集まって全体が変わっていくというのが本筋だと思います。

村上龍の名言|個が努力し集まって、全体が変わっていく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ