森村市左衛門の名言 格言|商人の人格修養法

人格の修養などと言って、いきなりお釈迦様や孔子様の真似をしようと思うても、我々にはなかなか難しい。我々にとって一番早い話はお互いに親切であること、これが最上の人格であると心得て大きな間違いはない。

森村市左衛門(6代目) の経歴

森村市左衛門(6代目)、もりむら・いちざえもん。日本の経営者。森村財閥創業者。森村市左衛門は江戸時代から続く武器と陶器を商う森村家の当主が代々襲名した名前。安政の大震災で5代目までが築いた全財産を失いゼロからスタートする。その後、武器、軍需品を商い森村家を再興。陶器、養蚕、鉱山、金融などを行い一大財閥を築いた。日本銀行監事なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

商いの極意は、お客様から信用されることだと言われている。もちろん、信用は商売の基本だが、さらに信用の上に「徳」が求められ、お客様から尊敬されるという次元がある。尊敬まで達する、お客様との絶対的な関係を築くこと、それこそが真の商いではないだろうか。

稲盛和夫の名言・格言|商いの極意とは


いまソニーが成功したと言われています。でもそれは、たまたまいま成功しているだけで、ついこの間までは失敗していました。この業界でいま、最も強いと言われているソニーでさえ、成功と失敗を繰り返しています。明日は失敗するかもしれません。

山内溥の名言・格言|ソニーも失敗するかもしれない


良い言葉ではないのですが、我々はいわば「武器商人」なんです。企業の競争の中で、お客さまに最適の武器を提供していくことが使命なんです。武器商人が最新の武器を知らないということがあってはいけません。

甲田英毅の名言|お客さまに最適の武器を提供していくことが使命


ここ(関西)の地方文化が我々の企業文化に影響していると思うし、新しい取り組みもこちらがだいたい多いですよね。東京は中央官庁のお膝元だから、みんな行儀よくて、横の関係を保ちながらやる。お上からの圧力もある。関西は「そんなの自分でやったらええねん」という世界で、役人が言ったって、「そんなのできまへん」という文化があります。江戸時代からそうです。ここは商人の町で、全部自分たちでやるんだという意識が強い。そういうところはDNAとして関西に残っていると思います。

尾崎裕の名言|全部自分たちでやるんだという意識を持つことの大切さ


一人商売のうまい人間がいれば、その周りの人間も商売はうまいんです。そういう環境に集まってきた人たちは、そこで吸収することがたくさんあって、成長していきますから。

中島武の名言 格言|商売のうまい人の周囲には商売上手が集まる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ