糸井重里の名言|やりたいという動機を大事に動いてきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕らはどんな仕事も、心配よりもやりたいという動機を大事に動いてきた。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大きな可能性を秘めた技術を数多く展開していますが、その技術を生かせるニーズをすべて把握しているわけではありません。むしろ私たちが知らないニーズが、社会の至るところにあるのではないかと思っています。そこで、これまでかかわりが少なかった異分野や他の業界の皆さんと交流する機会を増やすつもりです。それによって私たちの技術の応用を広げ、社会の発展に一段と貢献したいと思っています。

いちばん自分を伸ばしてくれるものはゲーム(試合)の緊張。

伝統を頑なに守ることだけが大切なのではないと思います。それよりも何が大切なのかを見極めたうえでその本質を伝えていけるよう、それ以外のものを変えていくことの方が重要ではないでしょうか。

僕の場合、ひらめきが得られるのは、体を動かしているときと、さまざまな職業や年代の人と会話しているときです。

八ヶ岳倶楽部は利益のためにやっているわけではありません。スタッフが生活できる程度の収入はありますが、僕の懐には入っていない。日本野鳥の会の会長職もノーギャラで引き受けています。お金のためではなく、自分がやりたくてやっているからこそ長続きもするし、人も集まってくれるのでしょう。

栄枯盛衰はどの町にもあります。国際化すればなおさらです。だからこそ、リーダーと人材を、地域でどう育てるかが大事。

経営人材の育成法として最も効果的なのは、子会社や関連会社の経営を実際に経験させることだ。実際に経営の修羅場を経験することで本人の経営能力も大きく伸びる。

ページの先頭へ