松下幸之助の名言|悩みはあって当たり前

このエントリーをはてなブックマークに追加

悩みはあって当たり前。それは生きている証であり、常に反省している証左でもある。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

滅私奉公ではなく、自分というものがしっかりわかっていることが大事。自分はどうでもいいからというのは偽善。やはり自分がかわいいし、人も同じようにかわいいと、そうなるのが本来の姿。そういう姿勢だと、相手を説得できる。自分のことを相手の立場に立って考えることができれば、必ず説得できる。

サービスは一期一会、同じ場面は二度とありません。その場その場のベストを探っていく、一回ごとの勝負なのです。

感動をお届けするのが、私たちのビジネスです。

相手を刺激する不要なケンカは仕掛けない。それが結果的に自社のシェアを守ることにもなります。

外国人と接する時は、「空気を読む」といったコミュニケーションではなく、「理解を深める」ためのコミュニケーションを心がける必要があります。「これぐらい言えば想像して分かるだろう」という、曖昧な伝え方は、「解釈の幅が広い」「言外に含まれる内容が多い」「抽象的」ということ。それでは、外国人に自分の気持ちや考えは伝えられません。あらゆる角度から様々な表現を使って伝えることが大事です。

当社では、社員の人間力を徹底的に磨きながら仕事に取り組んでいます。営業全員がお客様に直筆でお礼状を書いて、感謝の意を伝えるよう徹底。契約管理業務に携わるメンバーも同様に、誠意を持ってお客様に接するなど、全員が顧客志向を貫いています。

私はオリジナルな考え方があるというより、人の話をよく聞いて活かそうとしてきた。

ページの先頭へ