山下孝一の名言|社員を幸せにすることが社長の一番の使命

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員を幸せにすることが社長の一番の使命。


山下孝一 の経歴

山下孝一、やました・こういち。日本の教育者。「幼児活動研究会」社長。福井県出身。法政大学文学部日本文学科卒業。幼児活動研究会、日本経営教育研究所を設立。体育による児童教育、幼稚園・保育園専門コンサルティング事業を手がけた。また学校法人大和学園事理長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

嫉妬は常に他人との比較においてであり、比較のないところには嫉妬はない。

不満ときちんと向き合い、対処することで、購買意欲を高めるなどプラスに転じることができます。不満は企業にとって宝の山。

いま大変な思いをしている人は、投げ出したり、逃げたくなったりすることもきっとあるでしょう。でも、自分がやりきったと思えるまでは、踏みとどまることも必要だと思うのです。たとえそのときは成功しなくても、逃げずにやりきったという経験があれば、また挑戦する自信もきっと湧いてくるはずです。

ヤマト運輸などが労基の問題などで手が届かない仕事がウチに来ています。例えばコンビニの早朝の集荷など。こういうジャンルは元々やれる人が少ない。しかしIT化が進み、それが物流の業界にもシフトしている今、大手の手が行き渡らない時間・場所をカバーするウチのような業種への期待は高まっています。

オフィスの収納は動線を極力少なくすることが大事。キャビネットの内容物は、その近くに座る社員の仕事内容と関連させ、各人の移動距離をできるだけ少なくしましょう。

老舗洋食店のシェフによるレシピ本を買いました。スキレット(鉄製のフライパン)も必要とあったので、それも買いました。合わせて5000円ほどの買い物ですが、この動機は「美味しいハンバーグが食べたい」ということではありません。それならその洋食店に行けばいい。私が美味しいハンバーグをつくり、家族を喜ばせるという体験を買ったわけです。

「優れた教育・研究活動」「充実した学生生活舅特色ある地域・社会貢献」「ミッションに基づく学風の醸成」「TSR(大正大学・ソーシャル・レスポンシビリティー)による大学運営」という5つの社会的責任を果たすことを目的に、教職員が一丸になって取り組んでいます。この目標を達成するためにPDCAサイクルにのっとって大学運営を行っています。

ページの先頭へ