笠倉健司の名言|まずネガティブな感情の連鎖を断ち切る

このエントリーをはてなブックマークに追加

物事に行き詰まった時は、まずネガティブな感情の連鎖を断ち切って、精神的な落ち込みから脱出することが大事。


笠倉健司 の経歴

笠倉健司、かさくら・けんじ。日本の公認会計士。早稲田大学第二文学部卒業。大学在学中に臨済宗円覚寺系統の人間禅道場に入門。卒業後、高校国語講師を経て公認会計士試験に合格。その後、あずさ監査法人、アーク監査法人などを経て有徳経営研究所を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様に満足してもらうために最も大切なことは、お客様を観察する「トンボの眼」と、お客様の声を聞き取る「ダンボの耳」を養い、サービスマインドを磨くことである。

私は常に変化することが好きです。あるときは緩めたり、またあるときは締めたり、振り子のように変化します。

ゼロベースから考えるとは、情報収集の範囲を広げ、様々な可能性に耳を傾け、より幅広い問題を提起し、「Why」を5回繰り返して、どこがボトルネックになっているかを考え抜く作業です。この手法は個人の変革でも同じです。

上司や周囲に可愛げがあると思われるには、まずいつもニコニコして我を抑える必要がある。ただし、いい人だと思われるだけではだめだ。政治の世界では、「いい奴だ」は「間抜け」と同義である。

自分で発案して、自分でぶつかっていく。そういう仕事に就けば、否応なしに自分を広げざるをえなくなります。

私の郷里の先輩に畠山蔵六さんという方がいます。若いころに聞いていまでも覚えていることのひとつは「人から手紙なり葉書なりを受け取ったら、必ず返事を書け」という教えです。向こうの人はこちらから何か言ってくるのを待っている。待たせるというのは相手に対し失礼だし、うっかりしてこちらが忘れてしまうと、相手の人は感じを悪くしてこちらを信用しなくなる。立派に書こうとか、丁寧に書こうとか思って長く置くと、つい忘れてしまう。だから葉書でもいいからあまり時間をおかないで返事を出しなさいと言われました。今日でも私は実行しております。

新聞のテレビ欄を見るようにしています。どの時間帯に、どんな番組が放送されているかを知ることをきっかけに、普段の生活では接点が持ちにくい世代の人たちの生活を想像するようにしています。

ページの先頭へ