松下幸之助の名言|物事がうまくいった時には「運がよかった」と思え

このエントリーをはてなブックマークに追加

物事がうまくいった時には「運がよかった」と思え。
うまくいかなかった時には「自分が悪かった」と思え。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

賃上げも受け取る側の心理に立った施策をすべきです。重要なのは、賃金も経済だけでなく、心理で考えなければならないということです。

答えは現場にある。みんなと一緒に菜っ葉服(作業着)を着て現場に入り込むと、様々な課題が見えてくる。

テレアポのときには、まず自分の立場と想いの内を、ストレートに伝えることが大切です。「また売り込みの電話だよ、と思われるだろうな」という気待ちと、「ウチの商品はほかとは違うから、わかってほしい」という気持ちを抱きながら、ダイヤルに手をかけるものです。その二つの気持ちを、素直にお客様に話せばいいでしょう。

お客様を深く知り、お客様自身さえ明確に意識していないニーズをとらえた商品を世に出すことが求められています。

強みを活かしていくためには、自分の弱みを自覚し、どのようにして強みを伝えていけばよいのかを考えて口に出して表現し、実行することが最も大事だと思います。

ビール箱に腰を下ろして客待ちをしている間、私は学校に通っていなかったため漢字が読めないので字を覚えるためによく書物を開いて見ていた。一晩一字ずつ覚えることに決めて鉛筆で書いてもみた。いつしか、これが評判になって本を読む夜店小僧と言われるようになった。
【覚書き|丁稚奉公時代露店の番をしていた当時を振り返っての発言】

マネジメントとは、あくまでも“人対人”の営みであり、「相手を知る」ことが大前提となる。

ページの先頭へ