大屋晋三の名言 格言|知識豊富な人は多いが、彼らは役に立たない

この世の中には、非常に深い経験を積み、その道では名人芸に達している人も多い。またいわゆる物知りとして、知らぬものはないほどに知識の豊富な人も幾多あるが、それでいてその人たちがあまり物の用に立たない場合がしばしばある。

大屋晋三 の経歴

大屋晋三、おおや・しんぞう。日本の経営者、政治家。帝人の社長。一橋大学卒業後、戦前の財閥のひとつである商社の鈴木商店に入社。同社で海外駐在などを経験したのち、帝国人絹(のちの帝人)に出向。帝人の社長を26年間同社の経営を行い、繊維業界のリーダー的企業に育てあげた。政治家としては参議院議員を9年間勤め、吉田茂内閣の商工、大蔵、運輸大臣などを歴任した。妻は歌手で作家の大屋政子

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が誰かの役に立とうとすれば、たとえ結果が失敗に終わったとしても、二人の間の信頼関係は残ります。次の機会には、きっとまた声をかけてくれるはずです。自分が組織の一員であることを自覚し、チームワークを大切にしていれば、成功も失敗も次につなげていけると信じています。

年齢を重ねれば重ねるほど、大半の中高年社員の立場が厳しくなることは否定できません。そこで過去や自分のプライドに固執せず、経験を活かした柔軟性を発揮していくことが、能力ピークを過ぎてからも生き残る力の核になるのです。

本来、取材は何が起きているのかを知りたいという好奇心が先にあるはず。結論ありきの報道は「~べきだ」というキャンペーンと変わりません。

直観に重きを置くリサーチ手法は、マーケティング分野にも部分的に浸透しつつある。コンシューマーインサイトをとらえるという話や、オブザベーション(参与観察)、あるいはビジネスエスノグラフィーと呼ばれるようなものだ。いずれも、相手を調べることを本来的な目的とはせず、自分が気づいてしまったことに注目し、そこからアイデアを広げていく方法だろう。

TOEICで大事なことは「答えあわせをしただけで終わらせない」ことです。試験勉強である以上、時間を計って問題を解き、答えあわせをして採点するのは最低限必要。ただ、英語力をつけるという観点からすると、さらに、その先でどう復習するかがとても大事。

新たな価値を生み出すには、「自分たちだけでできる」というような思い込みを捨て、別の知見を融合させる必要がある。

わが社が掲げる「DeNAクオリティ」という5つの約束事のなかに、「全力コミット」というのがあるんです。やはり、仕事をしている時間は、みんながみんなハードワーカーであってほしいんですね。それは妥協できないところです。

職種を超えて一流と思えた人たちは、なんかやっぱり自信に満ち溢れていた気がします。フワっとしていて、別にグイグイしていなくても。もちろん、グイグイしていた人もいましたが。どちらにせよ、何らかのオーラがある。その人だからこその味というか。

成功確率を高めるうえで重要なのは、妥協はしないという「緊張感」が組織の中で共有され、浸透していることです。

メガネ事業に進出しようとしたとき、周りからずいぶん反対されました。雑貨の事業が好調でしたから、「二兎を追う者は一兎をも得ず」なんて言われて。でも、そう言われてやめるぐらいなら、最初から起業なんてしていません。勝手にバラ色の未来を思い描いて、成功すると本気で信じる。新しいことを始めるには、そういう闇雲なエネルギーが必要なのだと思います。

ページの先頭へ