安倍昭恵の名言|心配ばかりしているよりは、今、この瞬間を楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加

神道に「中今(なかいま)」という思想があって、今を生きることが一番大事だと教えているんですね。先々を考えて準備することは必要かもしれないけれども、心配ばかりしているよりは、今、この瞬間を楽しむ。その積み重ねが幸せな人生といえるんだろうなと思うんです。


安倍昭恵 の経歴

安倍昭恵、あべ・あきえ。総理大臣夫人。東京都出身。聖心女子専門学校卒業後、電通に入社。政治家・安倍晋三と結婚。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。居酒屋経営、農業支援、教育や福祉など様々な活動を行った。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

基本的には人間の本質は共通だと思います。マリオをいちばん初めに作った時には、海外で受けることなど考えていませんでしたから。

適当男と言われている僕が言うと、自分を正当化しているようでなんだけど、日本人はいい意味でもう少し気楽に、適当に生きていいんじゃないかと思う。

『ハッスル』の目標は『アレグリア』です。アレグリアって要はサーカスですよね。それと同じでハッスルも、基本はプロレスだけど、ひとつのエンターテインメント・ブランドとして見てもらいたい。だから、サブタイトルは「ファイティング・オペラ」です。ショーであり、エンターテインメントである以上、当然、レスラー一人一人も自己プロデュースと演出ができなきゃ駄目です。

これまでの企業社会ではタテ関係が基本でしたが、これからはヨコの人間関係を構築する能力も必要です。そしてこれは、グローバル人材に求められる能力とも重なってきます。

ビジネス英語は自分の仕事で必要なものだけを身につければ十分です。外資系企業だからといって、すべての業務を自前の英語力でこなさなければいけないわけではありません。メールのやり取りや社内でのプレゼンといったレベルの英語力は必要ですが、重要な商談や公式文書の作成といった場面では、外資系企業でもプロの通訳・翻訳者を介在させることが多い。こうした場で必要なのは、通訳しやすい論理的な日本語をしゃべることであったりします。自分の英語の守備範囲を見極め、その範囲でマスターすれば十分です。

経営の上流にいるとマクロの数字だけが頭に浮かびがちですが、現場の方と一緒にお客様のもとに訪問しますと、この一件一件から日本生命が成り立っていて、自分自身の立場も現場の方々に支えられていることがよくわかります。そういう意味で新潟の長岡支店長時代は思い出深い二年間でした。

新しい媒体だからといってそれに飛び乗ってしまうと、短期的な収益を挙げられたとしても、結果的にはお客様との間に築いた信頼までも失いかねません。

大きな案件になれはなるほど、上司は責任が怖いんです。自分がゴーサインを出し、仮に失敗となれば、自分の責任になってしまいますからね。大きな判断を上司に丸投げするのをやめ、判断しやすいサイズに小分けにすると、決断の重みが減り、結果的に、早く承認が取れるようになります。

朝の8時には会社に来ていますが、頭を活性化させるために家から会社までは音楽を聞いています。私の場合はバッハやビバルディなどバロック系やモーツァルトがアルファー波を出やすくするのか効果があります。

いい情報を持っている人ほど、情報を人に教えることを惜しまない。

ページの先頭へ