安倍昭恵の名言|いろいろな意見に耳を傾けてもらうことが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

政策に対しても、疑問に感じたら主人に伝えています。主人にとっては耳が痛いこともあるでしょうが、私がさまざまな活動で出会う人たちの意見も含めて、いろいろな意見に耳を傾けてもらうことが大事だと思っているんです。「家庭内野党」と自分で言っているんですが、それも私の役割の一つかなと。


安倍昭恵 の経歴

安倍昭恵、あべ・あきえ。総理大臣夫人。東京都出身。聖心女子専門学校卒業後、電通に入社。政治家・安倍晋三と結婚。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。居酒屋経営、農業支援、教育や福祉など様々な活動を行った。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大ぼら吹きと言われるくらいでちょうどいい。誇大妄想と思われても、根拠なき確信を持つことが大切。

「歴史は繰り返す」とよく言われるが、経済が人々の行動の集大成である以上、形を変え、同じようなことを繰り返すのはある意味で当然のことかもしれない。

15年前に5割程度だった1~5位のメーカーのシェアが8割まで上昇し、上位集中が進んでいます。上位メーカーがパワーゲームを展開する中で、少なくとも3位に入らなければ他社に影響を与えられる戦い方はできません。

人間の体の動脈や静脈と同じように、資源も循環させるということが重要。当社では年間約250万トンの紙・板紙を販売し、約150万トンを回収していますが、これを200万トンくらいにしたい。できれば販売したものはすべて回収するくらいの意気込みです。

嘘の情報を流すなど言語道断だが、利益を得られるとなるとモラルを無視した使い方をされる可能性は否定できない。とくに経済活動に直結する情報サービスは、そのようなリスクがない仕組みを備えた事業を設計しなく打てはならない。
【覚書き|ステルスマーケティング問題に対しての発言】

独立してサイエンス・プロデューサーになったのは、教職に向いていないと痛感したからです。僕は理科教育には熱心でしたが、生活指導や進路指導などの教員一般に求められる業務に対しては、どうしても前向きになれませんでした。教員としては、かなり問題を抱えていたと思います(笑)。それなら、自分の本当の得意分野だけで勝負してみようと考えたわけです。ただし当時は将来の青写真なんて何も描いていませんでした。

仕事の集中力を高めるために有効なのは、「早く帰ることをルール化してしまう」ことです。私もかつて、尊敬するある上司から、「忙しくても定時で帰れ」と言われ、試しにやってみると確かに仕事の疲れが取れ、翌日の集中力がぐっと高まりました。身体の疲れがどれほど集中力を妨げているのかを実感しましたね。以後、休暇明けや仕事の山を越えて余裕のある日などは、なるべく定時に退社するようにしました。このように「ルール化」することで弛緩する時間を作るのは、集中力を高めるのに非常に重要です。

経験じゃない。経験でやろうとすると、チームの年齢がもっと上がります。それでは新しい事へのチャレンジができなくなる。ああしたシステム開発は多分、経験の世界ではできなかったと思います。

【覚え書き|セブン-イレブンのハードとソフトの開発をしたときを振り返って】

ムリして、苦手なことや、自分に合わないことをやるよりも、一度でも人から「いいね」といわれたことをもっと頑張ってみてください。それが、結果を出す近道なのです。

生き残るための大前提は、生産性を上げることです。いまの日本企業は残業体質に陥っています。生産性の低い人ほど長時間残業しているので収入が多いというのはおかしな話です。フランスの会社(ヴァレオ)を買収してみて驚きました。5時過ぎに会社を訪ねると、従業員はみんな退社していました。彼らは時間ではなく成果で評価されます。だから定時に帰り、家族で夕食をとったあと、持ち越した仕事があれば自分の部屋で片付けるそうです。

ページの先頭へ