安倍昭恵の名言|違うところも含めて、お互いが好きだったり、尊敬し合ったりできることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

主人とは考え方が違う部分もありますが、全部が一致しているのが必ずしもいいわけではなくて、違うところも含めて、お互いが好きだったり、尊敬し合ったりできることが大事なんじゃないかなって思います。


安倍昭恵 の経歴

安倍昭恵、あべ・あきえ。総理大臣夫人。東京都出身。聖心女子専門学校卒業後、電通に入社。政治家・安倍晋三と結婚。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。居酒屋経営、農業支援、教育や福祉など様々な活動を行った。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちは、お客様がお求めになるクルマが私たちの販売するホンダ車にないものであったら、他社メーカーのクルマを勧めることもあります。お客様は要望に沿った適切なアドバイスをする社員と店を信頼してくれるのです。

新しいものの見方を身につけるには、やはり、異質の媒体に触れる機会を持つことが大切です。何か視点の違うものを用意しておかなければ、世の中をものすごく偏ったかたちで見続けることになってしまいます。

モノを減らす三原則

  1. デジタル化。撮影やスキャンで紙データを少しでも減らす。
  2. 再び入手可能なものは手放す。「いつか使うかも」はモノが増えるもとですから。
  3. 会社や部門で共有できるモノは共有し、個人では持たない。これに関しては周囲に提案していくことも重要。

総じて値段がつくものは、すべて価値のないものである。

斜に構えて愛情や評価を伝え合うコミュニケーションも、いまは通じにくい。そんなにナイーブでよく小説なんて書けるな、という人がいますね。作家として真面目なのはいいけれども、可愛がったつもりで発したメッセージを正反対に受け止められることもありましたから。

商品コピーを考える際に企業として最も注意していることは、「過剰な表現になっていないか」「嘘や偽りはないか」ということです。巷には、「これを買えばお金持ちになる」とか「これを食べれば痩せる」といった誇大表現が溢れています。消費者の気持ちを煽れば、商品は短期的にはヒットするかもしれませんが、中長期的には企業の信頼をなくし、顧客は離れていってしまいます。ですから当社では、「広告では嘘をつかない」ことを常に肝に銘じています。

現役時代、俺が毎晩、宿舎で誰よりも素振りをしていた。テスト生として入団した俺は劣等感の塊。いつクビになるかわからない危機感を持っていた。だから、練習後も試合後も「うまくなりたい」と常に素振りしていたわけだ。夜になると、夜の街へ消えていく他の選手とは対照的にな。むしろ「どんどん飲みに行け」と願うほどだった。ライバルが減るからな。

自分が言っていることと、していることが違うというのは、リーダーが絶対にしてはいけないことだ。

EV(電気自動車)のアイデア自体はかなり古くからあったのに、なぜ誰もつくらなかったのか。それはアイデアを実行することが、思いつくより難しいからだ。

完全に同じことは二度と起きません。優れた経営者は、個別具体的な事象から、必ず、「要するにこういうことだな」という抽象化された論理を引き出し、頭の中に入れておく。そして、別の問題に出会ったときに、使えそうな論理を取り出してきて解決できる。具体と抽象の行き来をする習慣を持つことは、我々にとっても有益。

ページの先頭へ