桜井正光の名言 格言|日本市場は高付加価値商品を生み出す土壌を持つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

技術屋さんのよいモノを作ろうとする世界一強いこだわりがあります。だから日本はもっと自信を持ってもらいたいと思うんです。新しい、いわゆる高付加価値商品を生み出す市場は日本そのものなんですから。


桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員こそが会社の資産である。私は社員をほめて、ほめて、ほめ抜く。そうすることによって、ほめられた人は、よりレベルの高い自分にチャレンジするのです。

一橋大学時代に「キャプテン・オブ・インダストリーたれ」「士魂商才を忘れるな」と教えられて以来、この士魂商才こそ社会生活における私の行動指針であり、常々社員諸君にも訴え続けています。そもそも、会社というものが存在する目的は、そこに籍を置く社員一人一人がそれにより個々の生活を支えつつ、同時に企業体を通じて人類社会へ貢献することだといえましょう。

組織を固定化したり、壁を作ったりするのが大企業病の典型。そうなると、上の人が現場に降りていかないため、意思疎通が図れないという問題も出てきます。あくまでも現場は宝なんです。だからわが社の場合、極端な話、店長の方が社長よりも偉くないといけない。店長を最終目標に位置づけ、店長という職に誇りを持ってもらいたいんです。

会社経営で一番大切なのは、ちょっとでもピンチになったら、まず経営者が社員に伝えること。僕の経験から言うと、始まったばかりのピンチはみんなの努力で何とかできるはずなんです。それを黙っていて大ピンチになってから言ったってどうしようもないんですよ。資産が10億円あっても100億円あっても、100人のうち50人の社員が頑張らなかったら倒産ということだけは、どんな会社でも覚えておくべきです。

経営者は会社の株を握っておけ。給料でなく配当で生活するのが経営者本来の姿。配当は家賃のようなもので、人の家(企業)を借りておきながら、家賃(配当)を払えないのなら、さっさと家から出ていけばよろしい。【覚書き:企業再建家としての経営者観を語った言葉。配当は業績が悪くなれば無配になり、逆に業績が良くなれば配当も増やせる】

たまにうまく行動に移してくれていない場合がありますが、自分のポリシーに無理があったから受け入れられなかったと反省して、現場の人とどこに無理があったか、どういうふうに変えればよいかをとことん話し合います。

組織の上に立つ者が、まず頭を切り替えなければ、競争に勝てる戦略は生まれてこない。
【覚書き:オイルショック後、利益を維持するために商品の価格をあげたことが裏目に出て、他者にシェアを奪われたことに対しての反省の言葉】

ページの先頭へ