孫正義の名言|目標は明確に口に出した方が良い

このエントリーをはてなブックマークに追加

目標は明確に口に出した方が良い。周りにコミットする事で自分を追い込んで行けるから。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

POSを導入した当時、靴下業界では発注の最低単位は通常10足でしたが、私たちは物流センターで1足単位で仕分けして出荷するようにしました。注文された分だけを作る「ラーメン屋」の理想に近づいたわけです。

リーダーは誰よりも自分を磨いておく必要がある。組織は、リーダーの力量以上に伸びない。いくら相手の耳を開かせる技術や工夫をこらしても、話す内容や話す者の人間性が低いレベルであれば誰が聞く。発するひと言が、胸を打つような中身がなければ、とうてい人の上に立つ者として信用されない。

ねぎらいや感謝の言葉は素直にうれしいもの。黙っていても伝わりません。ちゃんと言葉にして伝えることが大切。

やりよう、やりがい、やり方を変えよう。

いわゆる評論家の歓心を買うつもりで何かをすれば自分を安売りすることになるし、世間をバカにすることにもなる。

仕事前には、なにがあっても大丈夫なように準備しておかないと。そのためには早くかからないとダメ。あわてて間際にやると必ずボロが出る。

ビジネスで欧米人と交渉する時は、英語が話せるだけではダメ。論理の型に従って話さないと、相手を説得できない。優れた提案でも、伝わらなければ、役に立たない。

資料や書類をきれいに収納するのも大切ですが、いざというときにうっかり持ち出すのを忘れてしまったり、探し出すのに時間がかかったりするようでは意味がありません。シンプルな仕組みで整理することがポイントです。

企業が生き残るためには、新しい技術をいち早く取り込まなければならない。

不動産の有効活用を考えるための引き出しをどれだけたくさん持っているかが勝負になってくるわけです。自分の持っている知恵と知識を総動員して「新しい価値を持った開発」ができたときが、不動産ビジネスの最大の妙味だと思います。

ページの先頭へ