柳井正の名言|外に出ないと生き残れない

このエントリーをはてなブックマークに追加

外に出ないと生き残れない。だから、宇部を出て広島へ、東京へと出て行き、世界にも店舗を広げていったのです。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マクドナルドの場合、新人全員にクルートレーナーが付き、仕事で分からないことがあれば手取り足取り教える。そのトレーナーになるためのプログラムまで用意するという念の入れようだ。新人を頭ごなしに叱ろうものなら、意気消沈し辞めてしまうだろう。それを防ぐため、クルートレーナーには新人クルーの一挙手一投足に目を配り、何かが上達したり仕事上の気遣いを発揮したりしたら、すぐ褒めることが推奨されている。同社ではこれを即時フィードバックと呼んでいる。

お笑いやエンターテインメントの世界なんて、何が当たるかわからないじゃないですか。うちの財務の人間や公認会計士は、「こんな映画当たらん」とか平然と言いますが、つくってる側からすればバクチと一緒で、やってみなくちゃわからない。もちろん事業としての健全性を保つには、管理部門とのせめぎ合いは必要なんだけど、これだけ変化の激しい時代に、絶対当たるコンテンツなんてあり得ません。やってみなくちゃわからない。

怒りを抑えるほうが「よくない」ことです。怒りの感情が湧くのは、なにかしらうまくいっていないことがあるせい。怒りを抑えてしまうと、そのうまくいってないことを放置することになり、問題解決につながりません。

ボランティアではなく、ビジネスとしてギャランティーが発生することに意義があります。報酬をもらうからこそ継続できるし、甘えることなく質が高いサービスを提供できます。そこに生きがいも生じるのです。

日本が技術で産業競争力を維持するために研究・技術開発はどうあるべきか。先端を走り続けるのは大前提だが、それだけでは駄目だ。追い付かれるまでの時間をいかに稼ぐかが鍵になる。

勝つことができるのは「大衆と逆を行く」人。

歴史はほかの何にもましての現実だ。

ページの先頭へ