柳井正の名言|外に出ないと生き残れない

このエントリーをはてなブックマークに追加

外に出ないと生き残れない。だから、宇部を出て広島へ、東京へと出て行き、世界にも店舗を広げていったのです。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

弊社はデータ至上主義に走っているわけではありません。私自身、経営をしていく上で感じる直感や違和感、現場から直接上がってくる従業員の声は、非常に重視しています。

ハードよりソフトの提案ができる会社になりたいですね。例えば、病院の建設であれば、今後の病院経営のあり方や国、厚生労働省の政策を踏まえた提案を、物流工場であれば、食品安全性が向上する提案など、さらに踏み込んだ提案が必要だと考えています。

ベイン社で学んだ重要なことは2つある。ひとつは、難関に対するアプローチのコンセプトづくりと問題解決の方法論。もうひとつは、データや分析や討議に対する大いなる信頼だ。

女性は他人の役に立ちたい気持ちが強いので、特に失敗したときにこそ一緒に悔しがってもらいたいもの。日本の男性は苦手としますが、「女子を味方につける」ためには、感情を表現する力が求められるのです。

太陽光にしろ、風力にしろ、森林や地熱にしろ、再生可能エネルギーの原資というのは、みな地域にあって、これは都会にない強みなんです。ただ、単に山があったり、風があるだけでは何の価値も生み出しませんけど、エネルギーとして活用できれば、資源になるし、雇用も生まれる。その意味で、再生可能エネルギーというのは、実は一番の地方創生なんです。

セオリー通りでは、どうしてもクリアできない課題もある。そんな課題を解決してくれるのが「感性」。これからのビジネスは特に、職種を問わず、「感性に基づく発想」が重要になってくる。

自分とは違う価値観に触れると、そのたびに驚きや発見があり、知識も増えます。「こんな考え方もあるのか!また視野が広がった」と捉えることで、楽しさを感じられるでしょう。その要領でいけば、これまで「つまらなくて苦痛だ」と感じていたさまざまな場面が、新しい意味をもち始めます。

ページの先頭へ