柳井正の名言|危機感を持たずに放っておいたらつぶれる

僕は常日頃から会社というのは、何も努力せず、何の施策も打たず、危機感を持たずに放っておいたらつぶれる、と考えている。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスモデルを変える。あるいは今までの資産を捨てるとなった場合、創業者でありオーナー経営者であることが有利に働きます。すべてのことを把握しているため決断のスピードも速いし危機感も強い。だからこそ思い切った手が打てる。捨てる決断もできる。捨てる決断をすれば、一時的には大きな打撃を受けますが、他の部門が育ちます。未来を見据えればどちらが正しいかは言うまでもありません。

澤田秀雄の名言|創業者、オーナー経営者の利点


不本意な職場の時のほうが、自分の「得意」が表にでてきやすい。

俣野成敏の名言|不本意な職場の時のほうが、自分の「得意」が表にでてきやすい


会社経営では景気のいい時も悪い時もあり、社内外にいろいろな問題や課題が生じます。それらをその時々の状況に応じて、適切に解決していかなければなりません。それにはまず、心身ともに健康であること。そして、叩かれても立ち上がれるタフさが必要。

鑄方貞了の名言|経営者には叩かれても立ち上がれるタフさが必要


ビジネスの世界では巨大な「WOW!」を追い求める必要はない。「たまたま今まで考えたことがなかった」「そういえばやってみたことがなかった」程度の、小さな「WOW!」こそが大事なのだ。

森澤篤の名言・格言|ビジネスで求められる創造性とは、小さな驚き程度のもので十分事足りる


営業の極意を学んだのは入社6年目に配属された東京東部支店という支店での体験でした。この支店は人の管理も悪く、非常に成績が悪かった。テコ入れが必要になったのですが、それを支店長の私が任されたのです。そこで取り組んだことはお客様を増やすこと。ですから、お客様をしっかり回ることを心掛けました。それから、社員のやる気を出させました。朝の挨拶から始まり、お客様の下に通うといった基本をやらせました。すると、2年で成果が出始めた。

荻田築の名言|基本をやらせると2年で成果が出始めた


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ