柳井正の名言|危機感を持たずに放っておいたらつぶれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は常日頃から会社というのは、何も努力せず、何の施策も打たず、危機感を持たずに放っておいたらつぶれる、と考えている。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

その他大勢と自分を比べても益はありません。残念ながら、彼らはあなたにとっての成功例ではないのですから。

給料天引きの積立預金をして、最初からその分はないと思って生活していると、知らず知らずのうちにお金が貯まります。逆にそうでもしないと、なかなか元金ってできないのですよ。

硫安工業協会長時代に河野農相と渡り合ったので、世間では私をよっぽどの向こう見ずと思っておられる向きもあるようですが、それほどでもありません。友人たちは私を口が悪いと申しますが、こんな皮肉な世の中に住んでいるんですから、相手を怒らせない程度の毒舌ぐらい吐かなければ溜飲が下がらないじゃァありませんか。

ブームに乗る短期的な事業ではなく、長期的な視野で事業を考えています。

場が与えられれば爆発的に持てる力を発揮するケースを、私はこれまでたくさん見てきました。やりたいと思っていた仕事が、実際に辞令を受けてはじめてできるようになると、嬉しいんです。そうすると、ものすごい力を発揮するのです。

若い人がもっと勉強するようにならなければ、日本が競争力を高め、より豊かな国になることは望めません。私たち企業人も含めて社会全体で大学教育の在り方をもう一度よく考えるべきですし、大学学側もグローバルな競争を見据えて改革に取り組んでいただきたい。

大事なのは、自分たちが自信を持っていいと思うものを、みんなの前に「置いてみる」ことだと思います。すると、共感してくれた人たちが自発的に、「いいね!」と言ってくれる。

ページの先頭へ